スズキ アルトなど、ドライブシャフト不具合で走行不能となるおそれ リコール

スズキ アルト(2015年)
  • スズキ アルト(2015年)
  • 改善箇所

スズキは、『アルト』およびマツダ『キャロル』のドライブシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは、2015年9月2日~9月18日に製造された921台。

左前ドライブシャフトにおいて、焼き入れ処理が不適切なため、強度が不足しているものがある。そのため、使用を続けるとシャフトが折損し、走行できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、左前ドライブシャフトを良品に交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集