ポルシェ カイエン 新型にPHV、680馬力の電動SUV…フランクフルトモーターショー2019

最高速295km/h

EVモードの最高速は135km/h

3チャンバーエアサスペンション

車両の走行安定性を高める48Vテクノロジー

ポルシェセラミックコンポジットブレーキ

ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッドクーペ(フランクフルトモーターショー2019)
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッドクーペ(フランクフルトモーターショー2019)
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S Eハイブリッドクーペ
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S Eハイブリッド
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S Eハイブリッド
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッド 新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッド 新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッド 新型
  • ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッド 新型

ポルシェ(Porsche)は、フランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新型『カイエンターボSEハイブリッド』と『カイエンターボSEハイブリッドクーペ』をワールドプレミアした。

両車は、新型『カイエン』と、その派生モデルの『カイエンクーペ』のプラグインハイブリッド車(PHV)だ。新型カイエンシリーズにおいて、最もパワフルなモデルに位置付けられる。

最高速295km/h

PHVシステムは、4.0リットルV型8気筒ガソリンターボエンジン(最大出力550ps)に、電気モーター(最大出力136ps)を組み合わせたものだ。システム全体で、680psのパワーを獲得する。トランスミッションは、8速「ティプトロニックS」だ。

V8エンジンと8速ティプトロニックSの間に、電気モーターを配置した。2つのモーターが、「エレクトリッククラッチアクチュエータ(ECA)」と呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して、相互接続されている。PHVシステムは、アイドル回転数をわずかに超えた回転域から、91.8kgmの最大トルクを引き出す。これにより、0~100km/h加速3.8秒、最高速295km/hの性能を発揮する。ポルシェ・カイエン・ターボ S Eハイブリッド 新型

EVモードの最高速は135km/h

荷室の床下には、蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。Eパワードライビングモードでは、電気モーターのみで最高速135km/hでの走行が可能だ。他のモードで、パワーブーストを追加することもできる。標準装備の「スポーツクロノパッケージ」では、ハイブリッドオート、スポーツ、スポーツプラスの3モードが選択できる。

EVモードでは、ゼロエミッションで最大40kmが走行可能だ。NEDC計測モードでの燃費は、27km/リットルを実現する。リチウムイオンバッテリーは、「ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)」、「Porsche Connectアプリ」を利用して、充電を計画することができる。

3チャンバーエアサスペンション

新型カイエンターボSEハイブリッドには、電子制御のマルチプレートクラッチを備えた「ポルシェトラクションマネジメント(PTM)」を採用する。アクティブな4WDシステムにより、リアアクスルとフロントアクスル間で、駆動力の配分をコントロールする。スポーツ走行時に最適なトラクションを得るために、コーナリング時に前輪のパワーを制御して、最適なコーナリング安定性が得られるように支援する。オフロードでは、システムは前後アクスル間の駆動力配分を変化させて、最大の駆動力を獲得する。

「3チャンバーエアサスペンション」は、スプリングストラットごとに3つのチャンバーを備えており、異なるスプリングレートを実現できる。通常走行では快適性を重視して、サスペンションは低いスプリングレートに設定されている。強いピッチとロールを検知すると、システムはすぐに高いスプリングレートに切り替わり、ボディを安定させる。最低地上高は、走行中に162~245mmの間で変化する。ドライバーは、「PCM」を介して、車高を手動で制御することが可能だ。210km/h以上では、自動的にアクティブになり、高速走行時の走行安定性を向上させる。ポルシェ・カイエン・ターボ S E ハイブリッド 新型

車両の走行安定性を高める48Vテクノロジー

「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」は、電子制御のショックアブソーバーシステムだ。路面の状態と運転スタイルに応じて、4輪の減衰力をアクティブかつ継続的にコントロールする。センサーは、加速、ブレーキ、高速コーナリング、オフロード走行中に、車体の動きを記録する。

「ポルシェ4Dシャシーコントロール」は、縦方向、横方向、垂直方向の加速度を分析する。その後、最適な運転条件の情報が計算され、関連するすべてのシステムで利用可能になる。これらのパラメーターを使用して、車両の状態を計算し、現在選択されている運転モードに応じて、減衰力をコントロールする。

「ポルシェダイナミックシャーシコントロール(PDCC)」は、48ボルトテクノロジーで作動する。車体を積極的に安定させるために、前後アクスルのスタビライザーのねじり剛性をミリ秒単位で調整する。2名乗車で横加速度が最大0.8gの場合、横方向の動きを抑制する。スタビライザーは2つの部分に分かれており、一方はピボットモーターに結合されている。車体のロール角に応じて、モーターが車両を水平に保つ。ポルシェ・カイエン・ターボ S Eハイブリッド 新型

ポルシェセラミックコンポジットブレーキ

「ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)」は、電子制御で、可変式のリアディファレンシャルロックを作動させる。車両がコーナーに進入すると、内側の後輪にブレーキ圧がかけられる。その結果、外側の後輪により多くの駆動力が分配され、車両をコーナー内側へと向ける力が強まり、コーナリング性能を向上させる。

「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」は、フロントに直径440mmの穴あきのクロスドリルドブレーキと10ピストンアルミモノブロックキャリパー、リアに直径410mmの4ピストンアルミモノブロックキャリパーを装備し、制動距離を短縮する。セラミック製ブレーキディスクは、約50%軽量に仕上げられている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マツダの新型EV、東京モーターショー2019で世界初公開へ 画像 マツダの新型EV、東京モーターショー2019で世界初公開へ
  • 三菱自動車、電動小型SUVコンセプトカーを世界初披露へ…東京モーターショー2019 画像 三菱自動車、電動小型SUVコンセプトカーを世界初披露へ…東京モーターショー2019
  • 【メルセデスベンツ EQC】まとめ…電動SUVの価格やパワー、航続距離 画像 【メルセデスベンツ EQC】まとめ…電動SUVの価格やパワー、航続距離

特集

おすすめのニュース