小型&高画質が主流になる?カロッツェリア「VREC-DH200」が選ばれる訳

小型&高画質が主流になる? カロッツェリア「VREC-DH200」が選ばれる訳
  • 小型&高画質が主流になる? カロッツェリア「VREC-DH200」が選ばれる訳
  • 小型&高画質が主流になる? カロッツェリア「VREC-DH200」が選ばれる訳
  • 小型&高画質が主流になる? カロッツェリア「VREC-DH200」が選ばれる訳
  • 小型&高画質が主流になる? カロッツェリア「VREC-DH200」が選ばれる訳

万が一のアクシデントを映像と音声で記録してくれるドライブレコーダー。今やその人気が急上昇。店頭には多くの商品が並ぶが、今回はその中からとっておきの一台をご紹介したい。それが約3cm角キュービックサイズのドラレコ、パイオニア カロッツェリア「VREC-DH200」だ。

先進安全装備で増えるカメラ。
狭いスペースにまたカメラを追加?

個人的な話で恐縮だが、マイカーにドラレコを取り付ける際の条件としているのが外から目立たないこと。それでなくとも最近は先進安全装備などでカメラがクルマに取り付けられていることが増えてきた。さらにドラレコが加わると、ウインドウ越しに数多くのカメラが見えてくることになる。そんな状況なのに、これ見よがしに存在を強調するタイプは個人的には避けたいところ。

一方で「ドラレコで撮影しているぞ~」と外部にアピールすることであおり運転などの抑止力になるという考え方もある。でも、走行中にそこまで気にしている人がどれだけいるか。さらに言えば、存在を知らせたところで、“やるヤツはやる”とも思う。さり気なく記録するというのがスマートではないだろうか。

小さな筐体に充実機能を詰め込んだ高性能モデル

そんな中で見つけたのがカロッツェリア「VREC-DH200」である。本体を手にすると本当に小さい! 寸法は32mm(W)×32mm(H)×34mm(D)。ほぼ真四角形のキュービックサイズだ。具体的に言えば、バックカメラユニットよりも一回り大きい程度でしかない。このサイズにカメラと記録部の両方を備えているのだ。これだとフロントガラスに設置しても目立たず、すっきりとした視界を確保できる。さらに、リアガラスの熱線に配慮した取付けをすることも可能となり、後方撮影用としても最適な仕様だ。そして嬉しい事に価格的にも機能を考えればかなりお買い得な製品だと言える。

このドラレコ、小さいながらも魅力的な機能がたくさん詰まっている。最大のポイントは記録するカメラ画角の広さ。なんと対角130度の画角で撮影できるので、大型のクルマでもほぼフロントガラス全域を記録することができる。左右からすり抜けるバイクや歩行者・自転車の飛び出しにも幅広く対応できそう。昨今のあおり運転についても、仮にフロントだけに本機を取り付けても早い段階からその状況を記録できる能力を備えているのだ。

カメラに使っているセンサーはフルHD記録(1920×1080P)に対応できる約200万画素の高解像度タイプ。記録は27.5fpsなので、LED信号の点滅周期にも影響を受けない。これは特に60Hzの西日本で使う際には必須のスペックで、仮に東日本から移動してもいちいち記録周波数を切り替える必要もないということだ。どんな時でも正確な記録はして欲しいドラレコだけにこの安心感は大きい。

さらに本機では偏光フィルター「AD-PLF1」をカメラ部にセットすることで、フロントガラスからの不要な映り込みを軽減することができる。カロッツェリアのドラレコは以前からこれに対応する機種を揃えていたが、本機でもそれに対応。映像を美しく撮るのにこだわるパイオニアならではの配慮と言える。

ユニークだが実際には使いやすい
「ジェスチャーイベント録画」に注目

ユニークな機能として搭載されたのが「ジェスチャーイベント録画」だ。走行中に常時録画とは別で録っておきたいシーンに遭遇することはよくあること。そんな時は、本機の下側にあるセンサー部に手をかざせばいい。走行中であっても目線をそらす必要もない。これだけでイベント録画として、その瞬間を境に前2秒/後10秒間を記録してくれるのだ。今までは操作ボタンを押す必要があったし、何より操作する際はわずかでも画面が揺れることがあった。任意にイベント記録を刷るときは思い出の記録映像として残しておきたいと思うことも多いだけに、この機能の果たす役割は大きいだろう。

一方でさすがにこのサイズともなると本体にモニターは備えていない代わりに本機ではWi-Fi機能を搭載する。接続したスマートフォンで撮影中や記録後の映像をより大きな画面で確認することができるのだ。しかも、その映像はスマートフォン側にコピーして残すことも可能となっている。これならお気に入りのシーンをSNSなどへアップロードするにも都合がいい。Wi-Fi接続を実現したことで、様々な面でメリット生み出したというわけだ。

一口にドラレコと言っても様々なスタイルがある。その点、本機はドラレコとして基本性能を高めた上で、すっきりと取り付けられることを重視した製品。パイオニア カロッツェリア「VREC-DH200」は、取り付けた後の見た目も気にする人にぜひ試してみて欲しい一台である。

小型で高画質!カロッツェリア「VREC-DH200」の製品情報はこちら

《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集