3モーター搭載でEV最速なるか…テスラの新パワートレイン試作車をニュルで目撃

EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

テスラは、ニュルブルクリンクにおいて「4ドアEVセダン最速を狙う」と宣言。タイムアタックをおこなうための試作車が、テスト走行を開始した。その様子をスクープサイトSpyder7のカメラがとらえた。

試作車は、ローダウンされたボディにより広いフェンダーフレア、大径の軽量ホイール、ミシュランカップ2Rパフォーマンスタイヤ、リップスポイラー&トランクリッドスポイラーを装着。キャビン内にロールケージを配置し、フロントバンパーのエアインテークも大型化されているほか、ベースモデルには装着されていないカーボンセラミックブレーキが確認できる。

注目は、このテスト車両が既存の「Ludicrous」モード以上のパフォーマンスを発揮する高性能「Plaid」(プレイド)パワートレインを備えている点だ。テスラ「モデルS 100D」が2つのモーターを装備するのに対し、この新パワートレインは3つの電気モーターを持つという。「プレイド」の詳細は間もなく発表される予定で、モデルSを始め『モデルX』『ロードスター』に順次搭載していくと予想される。

イーロン・マスクCEOはツイッターで、ラグセナカにおいてこの試作車が4ドアEV最速を更新したとツイート。ジャガー『XE SVプロジェクト8』の記録を、1秒近く縮める1分36秒555を叩き出したと発表している。

ポルシェ『タイカン』のニュルにおける4ドアEV最速記録を塗り替えるべく、テスラは9月21日と25日にニュルブルクリンクを予約したと報じられており、期待が高まる。また記録を狙う「モデルS」のハードコアモデルは市販化も視野に入れているようだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集