MINI クロスオーバー のPHVが改良、EVモード3割拡大…フランクフルトモーターショー2019で発表へ

MINI カントリーマン(クロスオーバー)のPHVの改良モデル
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)のPHVの改良モデル
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)のPHVの改良モデル
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)のPHVの改良モデル

MINIは、ドイツで9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)のプラグインハイブリッド車(PHV)の改良モデルを初公開すると発表した。

すでにMINIを擁するBMWグループは、電動車両に特化した「i」ブランドで、PHVの『i3』と『i8』を投入。BMWブランドも、PHVシリーズの「iパフォーマンス」を展開済み。この流れを、MINIブランドにも導入し、ブランド初の市販PHVとして登場したのが、MINIクロスオーバーだ。

PHVグレードは、「クーパーS E カントリーマンALL4」を名乗る。PHVパワートレインのエンジンは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボだ。最大出力は136hpで、6速ステップトロニックトランスミッションを介して、前輪を駆動する。

モーターは最大出力88hpで、シングルスピードトランスミッションによって、後輪を駆動する。「ALL4」の名前の通り、システム全体で4輪を駆動する4WDとなる。また、システム全体では、224hpのパワーと、39.3kgmのトルクを獲得している。

改良モデルでは、リチウムイオンバッテリーを大容量化した。最新世代の高電圧バッテリーは、蓄電容量を7.7kWhから10kWhに増やし、EVモードの航続をおよそ30%拡大している。最大57kmをゼロエミッション走行できる。

リチウムイオンバッテリーは、室内スペースを節約するために、リアシートユニットの下に配置された。充電は、標準の家庭用コンセントからおよそ5時間。ウォールボックスなら、およそ3時間15分で完了する。

改良モデルは、EVモードで最大57kmゼロエミッション走行できる効果もあって、欧州複合モード燃費52.6km/リットル、CO2排出量43g/kmの優れた環境性能を実現する。MINIは、燃費とCO2排出量は従来比でおよそ2割改善した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集