メルセデスの最速ステーションワゴン「AMG E63」がデザイン大幅改良へ

メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)
  • メルセデスAMG E63 ステーションワゴン 改良新型(スクープ写真)

メルセデスベンツのミドルサイズワゴン『Eクラス ステーションワゴン』の頂点に君臨する『AMG E63 ステーションワゴン』の改良新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。

メルセデスベンツには、『C43/C63 ステーションワゴン』や『CLA35/45/45 Sシューティングブレーク』など多数のパフォーマンスワゴンが存在するが、その最強モデルが『E63 ステーションワゴン』だ。第5世代である現行モデルは2016年に発売されており、これが初の大幅改良となる。

捉えたプロトタイプは、フロント&リアエンドにカモフラージュが施され、エクステリアを中心に大掛かりなデザイン変更が予想される。パナメリカーナグリルや同社最新デザインであるブーメラン型LEDデイタイムランニングライトを装着するほか、テールライトのグラフィックも刷新されるだろう。またルーフスポイラーやクワッドエキゾースシステム、ディフューザーの修正も今後着手されるかもしれない。

キャビン内では、再設計されたステアリングホイール、アップデートされたタッチパッドと最新バージョンのMBUXシステムを搭載するのも間違いない。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。「E63」では最高出力571ps、「E63 S」では最高出力612psを発揮するが、改良新型で若干パワーアップがなされる可能性もあるという。

ワールドプレミアは、Eクラス ステーションワゴンの改良新型が発表後、2020年3月のジュネーブモーターショーと予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ボルボ V90 初のフェイスリフトへ…マイルドハイブリッドも設定か 画像 ボルボ V90 初のフェイスリフトへ…マイルドハイブリッドも設定か
  • ヒュンダイ ベロスター が最強ミッドシップに…サーキット専用「RM19」の全貌は 画像 ヒュンダイ ベロスター が最強ミッドシップに…サーキット専用「RM19」の全貌は
  • ベントレー ベンテイガ が初の大幅改良へ…ライトまわりを一新!出力さらにアップか 画像 ベントレー ベンテイガ が初の大幅改良へ…ライトまわりを一新!出力さらにアップか
  • BMW 4シリーズクーペ、開発車両がニュルに出現…“ミニ8シリーズ”となるか 画像 BMW 4シリーズクーペ、開発車両がニュルに出現…“ミニ8シリーズ”となるか

特集