荷役作業を円滑化…JR貨物がトラックドライバー用アプリを導入 2020年度下期から

吹田貨物ターミナル駅(2013年4月末)
  • 吹田貨物ターミナル駅(2013年4月末)
  • 「貨物列車の位置・遅延情報」機能のイメージ。トラックドライバーが貨物駅の外でも列車の遅延情報を確認できる。
  • 「コンテナの位置情報」機能のイメージ。地図情報により位置を把握できる。駅構内での降車機会を削減するため、フォークリフトオペレータとトラックドライバーがシステム上で意志疎通できる機能も搭載される。
  • 「駅からのお知らせ情報」機能のイメージ。作業番線や入線時刻変更などをトラックから降車することなく確認できる。
  • 「コンテナ持出・持込時の荷役時間の予約機能」のイメージ。荷役作業を事前に予約することで駅構内におけるトラックの待機時間を大幅に減らせるほか、接触事故やアイドリングにより発生する二酸化炭素を抑制できるとしている。

JR貨物は8月8日、貨物駅構内における荷役作業を円滑化するため、トラックドライバー用アプリを導入すると発表した。

これは、「貨物列車の位置・遅延情報」「コンテナの位置情報」「駅からのお知らせ情報」「コンテナ持出・持込時の荷役時間の予約機能」を網羅したアプリ。

スマートフォンなどで事前に駅や列車の情報などを把握できるため、駅構内におけるトラックの待機時間が減り、安全性向上やトラックドライバーの作業利便性にもつながるとしている。

JR貨物では2020年度下期に数駅で順次試用を開始する予定で、段階的に機能を改善させた上で2021年度の本稼働を目指す。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集