日産のEVシェア「e-シェアモビ」、石垣島にステーションをオープン

NISSAN e-シェアモビ
  • NISSAN e-シェアモビ
  • NISSAN e-シェアモビ

日産自動車は7月26日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のステーションを沖縄県石垣島にオープンしたと発表した。

今回、石垣島でオープンするステーションは、「石垣市役所」、「石垣市真栄里」、「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」の3か所。市役所と真栄里には、電気自動車(EV)『日産リーフ』をそれぞれ1台ずつ、フサキビーチリゾートにはコンパクトカー『ノート e-POWER』を1台、計3台を配備する。

沖縄県では、今年3月にオープンした名護市に続くステーションのオープン。これからの観光シーズンに向け、石垣島に訪れる主に島外の観光客に向け、サービスを提供していく。なお、石垣島での運用は、現在、島内で電動バイクのシェアリング事業を展開するe-SHARE石垣と協力する。

昨年1月にスタートした「NISSAN e-シェアモビ」は、日産自動車のEVとe-POWERのみを使ったカーシェアリングサービス。現在、全国528のステーションを設置している。e-シェアモビは、免許証がそのままIDカードとなり15分単位から利用可能。EVならではのドライビングの楽しさに加え、先進運転支援技術や自動駐車機能などが体感できる。

日産は、今後、石垣島の「NISSAN e-シェアモビ」で使用する「日産リーフ」を、災害時の電力源となる移動型蓄電池として活用することなどを視野に入れ、石垣市と連携し、様々なEVの可能性を検討していく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集