JR東日本のBRTがすべてハイブリッドまたはe-BRTに…9月上旬に新車5両を投入

大船渡、気仙沼の両BRTに投入される日野自動車製の新車両。
  • 大船渡、気仙沼の両BRTに投入される日野自動車製の新車両。
  • 日野ブルーリボン・ハイブリッド

JR東日本盛岡支社は7月25日、運営するバス高速輸送システム(BRT)に9月上旬、新車を投入すると発表した。

新たに投入されるのは日野自動車製の『ブルーリボンハイブリッド』と呼ばれる車種で、定員は72人。行先表示に白色LEDを採用することで視認性を向上。車内にはスマートフォンなどの充電用にUSBコンセントを9か所備える。

投入両数は5両で、大船渡線BRT(気仙沼~盛)に1両、気仙沼線BRT(前谷地~気仙沼)に4両が投入される。

現在、大船渡線BRTには13両、気仙沼線BRTには24両のバスが運用されているが、この新車投入により2012~2013年の運行開始時から使われていた車両が淘汰され、すべてのBRT用バスがハイブリッド車または電気バス(e-BRT)となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集