【鈴鹿8耐】合同テスト、ベストラップはレッドブル・ホンダ

シルバン・ギュントーリ選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • シルバン・ギュントーリ選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • ジョシュ・フック選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • 渡辺一樹選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • トプラック・ラズガットリオグル選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • トプラック・ラズガットリオグル選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • レオン・ハスラム選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • レオン・ハスラム選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)
  • ジョナサン・レイ選手(7月24日、鈴鹿8耐テスト)

2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会は24日、合同テストを行なった。ベストラップは#33 レッドブル・ホンダの2分06秒670だった。

午前、1回目のテストセッションにはほとんどのチームが登場し、#33 レッドブル・ホンダがベストタイムをマークし、2回目のセッションでは#1 F.C.C. TSRホンダ・フランスがベストタイムをマークした。

第1回セッション
#33 Red Bull Honda(ホンダ)  2分06秒670
#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(ヤマハ) 2分07秒583
#634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda(ホンダ) 2分07秒616

第2回セッション
#1 F.C.C. TSR Honda France(ホンダ)  2分07秒236
#10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(カワサキ) 2分07秒614
#7 YART - YAMAHA(ヤマハ) 2分08秒028

世界耐久選手権のランキングは1位:#11 チームSRCカワサキ・フランス(132ポイント)、2位:#2 スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(127ポイント)、3位:#1 F.C.C. TSRホンダ・フランス(109ポイント)となっている。ベストラップは#11 チームSRCカワサキ・フランスが2分11秒409(第2回セッション)、#2 スズキ・エンデュランス・レーシングチームが2分09秒690(第1回セッション)、#1 F.C.C. TSRホンダ・フランスは前出の通り2分07秒236。

決勝は7月28日。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【鈴鹿8耐 基礎編】アクセス…公共交通機関での来場がおすすめ、近鉄or伊勢鉄道 画像 【鈴鹿8耐 基礎編】アクセス…公共交通機関での来場がおすすめ、近鉄or伊勢鉄道
  • 【鈴鹿8耐 基礎編】イベントにフェスにプールも…自分流の楽しみ方で 画像 【鈴鹿8耐 基礎編】イベントにフェスにプールも…自分流の楽しみ方で
  • 【鈴鹿10時間】予選直後に「10Hナイトセッション」開催 ハッキネンらによるトークショーなど 画像 【鈴鹿10時間】予選直後に「10Hナイトセッション」開催 ハッキネンらによるトークショーなど

特集