BMW 8シリーズグランクーペ とM8 新型、量産第一号車がラインオフ…納車は2019年秋以降

8シリーズに4ドアクーペが設定されるのは初

BMW オペレーティングシステム 7.0を導入

新型8シリーズの頂点は最大出力625hp

BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車
  • BMW 8シリーズ グランクーペ の量産第一号車

BMWは7月1日、『8シリーズ・グランクーペ』(BMW 8 Series Gran Coupe)と新型『M8クーペ/カブリオレ』(BMW M8 Coupe/Cabriolet)の量産第一号車が、ドイツ・ディンゴルフィンク工場からラインオフした、と発表した。納車は2019年秋以降を予定している。

8シリーズに4ドアクーペが設定されるのは初

8シリーズ・グランクーペは、『4シリーズ・グランクーペ』、『6シリーズ・グランクーペ』に続くBMWの第3のグランクーペで、4ドアクーペボディが特長になる。また、8シリーズ・グランクーペは、新型『8シリーズ』の派生モデルに位置付けられる。2ドアクーペ、カブリオレ、4ドアクーペと、新型8シリーズのラインナップが拡大した。8シリーズに4ドアクーペが設定されるのは、初めてとなる。

8シリーズ・グランクーペは、BMWの最新デザイン言語を導入しつつ、優雅な4ドアクーペをデザインすることに重点が置かれた。8シリーズ・グランクーペのボディサイズは、全長5082mm、全幅1932mm、全高1407mm、ホイールベース3023mm。新型8シリーズの2ドアクーペに対して231mm長く、30mmワイド、61mm背が高い。ホイールベースは201mm長い。

ホイールベースの延長分は、室内空間の拡大に充当された。とくに、後席足元のスペースと、ショルダールームが広がった。大きなドア開口部により、乗降性にも配慮する。またすべての座席で、新型8シリーズで最大の頭上空間を備えている。スポーツシートと「Vernasca」レザートリム、アンビエント照明、インストルメントパネルとドア部分のフルレザートリムが採用される。

BMWオペレーティングシステム 7.0を導入

8シリーズ・グランクーペには、「BMWオペレーティングシステム 7.0」を導入した。これは、ドライバーに必要な情報を適切なタイミングで伝えることをコンセプトにした表示&操作システムだ。10.25インチのコントロールディスプレイと、12.3インチのフルデジタルメーターパネルを、それぞれカスタマイズすることを可能にしている。

コントロールディスプレイは、タッチ操作に対応して、より使いすく最適化されたメニュー表示により、さまざまな機能や設定にアクセスしやすくした。状況に応じて変化するコンテンツも装備されており、スポーツ走行時などに、コーナリングの際の横方向加速力を表示させることも可能だ。ステアリングホイールのボタン、センターコンソールの「iDrive」コントローラー、タッチ操作に対応したディスプレイ、音声コントロールやジェスチャーコントロールを採用する。ドライバーが最も操作しやすい方法で、必要な情報や設定にストレスなくアクセスできることを目指した。

12.3インチのディスプレイを備えたフルデジタルメーターパネルは、速度と回転数を表示する左右のメーターの間のディスプレイ中央に、ナビゲーションマップの一部などを表示することができる。改良されたヘッドアップディスプレイは、より視認性が向上し、ドライバーは運転に集中しながら、必要な情報を受け取ることが可能だ。

新型8シリーズの頂点は最大出力625hp

一方、新型M8クーペは新型『8シリーズクーペ』、新型M8カブリオレは新型『8シリーズカブリオレ』がベースの高性能モデルだ。エアロダイナミクス性能やエンジンの冷却性能を引き上げる専用バンパーをはじめ、スポーツ性が強化されたインテリアなど、ベース車両の新型8シリーズクーペ、新型8シリーズカブリオレに対して、M流儀の変更が加えられる。

パワートレインには、BMW Mが開発を手がけた直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。このV8は、シリンダーバンク上を横切るように配置された(クロスバンク)エグゾーストマニフォールドにより、排気ガス流のエネルギーが2つのターボチャージャーのタービンホイールに最適に伝えられる。冷却システムも、最適な効果を発揮するように設計されており、サーキット走行時の熱負荷に耐える。フラップ制御式のエグゾーストシステムのサウンドは、選択しているモードによって変化する。

最大出力は600hp/6000rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5600rpmだ。0~100km/h加速3.3秒(カブリオレは3.4秒)、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。オプションの「Mドライバーズパッケージ」ではリミッターが解除され、最高速は305km/hとなる。

さらなる高性能を求める顧客には、「コンペティション」を設定する。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力がプラス25hpの625hp/6000rpmへ向上。最大トルクは76.5kgmで変わらないが、1800~5800rpmと、より幅広い領域で引き出される特性とした。0~100km/h加速は3.2秒(カブリオレは3.3秒)と、0.1秒短縮される。最高速は250km/h(リミッター作動)で、オプションのMドライバーズパッケージではリミッターが解除され、最高速は305km/hに到達する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アウディ R8 次期型、パワートレインは電動化も含めて検討へ 画像 アウディ R8 次期型、パワートレインは電動化も含めて検討へ
  • メルセデスベンツ GLS 新型、「SUVの Sクラス」を欧州発売 画像 メルセデスベンツ GLS 新型、「SUVの Sクラス」を欧州発売
  • レクサス LFA の再来か…フラグシップスポーツ「LC F」、2019年内登場が濃厚? 画像 レクサス LFA の再来か…フラグシップスポーツ「LC F」、2019年内登場が濃厚?
  • 【BMW 7シリーズ 改良新型】V12新設定、高速渋滞時ハンズフリー機能も搭載 画像 【BMW 7シリーズ 改良新型】V12新設定、高速渋滞時ハンズフリー機能も搭載

特集