アウディ Q8 の頂点『SQ8』、欧州最強ディーゼル搭載…最大トルク91.8kgm

0~100km/h加速は4.8秒

48Vのマイルドハイブリッド搭載

最新のコネクト採用

アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8
  • アウディ SQ8

アウディは6月24日、最上級SUVの『Q8』の高性能モデル、『SQ8』(Audi SQ8)を欧州で発表した。

アウディの高性能モデルが、「Sシリーズ」だ。このSシリーズの最新モデルは、欧州ではディーゼルエンジンを搭載する。『S4』、『S5』、『S6』、『S7スポーツバック』、『SQ5』などが、すでに欧州ではディーゼル搭載の高性能モデルとして登場した。Q8初の高性能モデルとして発表されたSQ8も、高性能なディーゼルエンジンを搭載する。

0~100km/h加速は4.8秒

新開発のV型8気筒ツインターボディーゼルエンジンは4.0リットルの排気量を備え、最大出力435ps、最大トルク91.8kgmを発生する。アウディによると、このスペックは、欧州市場におけるディーゼルエンジンで最強という。91.8kgmもの強力なトルクは1250~3250rpmの領域で引き出される。トランスミッションは8速「ティプトロニック」で、駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。SQ8は、0~100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

内外装は、アウディのSモデルらしいスポーティな仕上げとした。フロントのシングルフレームグリルはダブルルーバーで構成されており、マットシルバーフレームで囲まれている。ドアミラーカバーやエアインレット、アンダーボディープロテクション、サイドシルのインレイはマットシルバー仕上げだ。リアには、艶消しチタンブラックのハニカムグリッドインサートとディフューザーが装着される。

室内には、ダイヤモンドステッチ入りのヴァルコナレザーを採用する。スポーツシートやステンレス製のペダル&フットレストを標準装備した。アルミ製のインレイが施された発光式ドアシルトリムも装備している。

48Vのマイルドハイブリッド搭載

SQ8には、48Vのマイルドハイブリッドを採用した。48ボルトの電源システム、BAS(ベルト駆動式オルタネーター・スターター)、小型のリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、走行中に最長で40秒エンジンを休止させ、惰性走行で燃費を稼ぐ。

エンジンのスタート/ストップ機能も、22km/h以上の幅広い走行条件で作動する。減速時には、BASが最大8kWのエネルギーを回生する。アウディによると、マイルドハイブリッドの効果により、実走行で100kmあたり最大0.5リットルの燃料消費を削減するという。

最新のコネクト採用

SQ8の「MMIタッチレスポンス」は、新たな操作コンセプトにより、ほぼすべての機能を2つの大型ディスプレイで操作できる。10.1インチの上側ディスプレイは、インフォテインメントとナビゲーションシステムを制御するために使用する。8.6インチの下側ディスプレイは、ヒーターやエアコン、コンビニエンス機能、テキスト入力に使用する。

テキストを入力する場合、ドライバーは、手首をセレクターレバーの上に乗せて、快適に操作することができる。操作は、素早く簡単に行うことができ、触覚と音のフィードバックで確認できる。さらに、自然言語に対応したボイスコントロールを採用した。アウディによると、ドライバーは、日常会話をするように、ボイスコマンドを発話することができるという。

走行に関する情報は、ドライバー正面のフルデジタルの「アウディバーチャルコックピット」に表示する。高解像度の12.3インチディスプレイは、マルチファンクションステアリングホイールを介して、2種類のビューを切り替えることができる。ヘッドアップディスプレイは、ナビゲーション用の詳細なガイダンスを含む重要な情報を、フロントガラスに投影する。

インフォテインメントシステムとして、「MMIナビゲーションプラス」を標準装備する。このシステムには、LTEアドバンスト規格に対応し、Wi-Fiホットスポット機能を備えた「アウディコネクト」のデータモジュールが含まれている。ナビゲーションシステムは、過去の走行記録からドライバーの好みを認識して、インテリジェントな提案を行う。

アウディコネクトのオンラインサービスには、ルート計算のプロセスに予測機能が追加された。これにより、アウディ車のスワームインテリジェンス(群知能)を活用した道路標識情報やハザード情報に関する「Car-to-X」サービスを可能にする。

オプションの「アウディコネクトキー」は、グーグルのAndroidスマートフォンを使用して、ドアの施錠や開錠、エンジン始動などを行うことができる。プロフィール機能では、約400にも及ぶ項目を細かく調整して、複数のドライバー設定を保存することが可能だ。「myAudi」アプリを利用すると、アプリで検索した目的地をナビゲーションシステムに転送したり、音楽をストリーミング再生したり、カレンダーをMMIに転送することもできる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集