トヨタ アルファード の新型開発に遅れ…販売店戦略が絡む

トヨタ・アルファード
  • トヨタ・アルファード
  • トヨタ・ヴェルファイア
  • 『ベストカー』7月10日号

『ベストカー』7月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:400円(本体370円+税)

「大型ラグジュアリーミニバンの帝王」と『ベストカー』が表現しているのがトヨタ『アルファード』。モデルチェンジサイクルは6年なので、次期型は2021年ごろと予想されていたが、どうもようすが変わってきたらしい。『ベストカー』スクープ班が新情報をキャッチした。

トヨタは販売チャンネルの統合を進めており、アルファードのモデルチェンジはその流れの中にあるという。現行型は、『ヴェルファイア』も含めてマイナーチェンジが控えており、それがチャンネルの統合、フルモデルチェンジへの布石になるそうだ。

さらにレクサスの新型ミニバン『LM』が絡む。加えて、10月にはトヨペット店扱いのVIP仕様ミニバンが登場するという。そのいっぽうで『クラウンGRMN』の開発に衝撃が。

『ベストカー』7月10日号気になる見出し……●次期型アルファード&グランドハイエース●クラウンGRMN 開発凍結●もう、しっちゃかめっちゃか! がんばれるのか? 日産●現役の評価ドライバーに聞く! クルマのよしあし、どう測るの?●いる装備/いらない装備/消えた装備●定番をあえて外す! 達人的クルマ選び

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集