講談社ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

講談社に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
週刊現代
情報錯綜、トヨタ エスティマ 次期型---FC専用車ではない 画像
モータースポーツ/エンタメ

情報錯綜、トヨタ エスティマ 次期型---FC専用車ではない

スタイリッシュミニバンのトヨタ『エスティマ』。一時中断されていた開発が再開したと『ベストカー』4月10日号が伝えている。

[早トチリ]トヨタ 86/スバル BRZ 次期型は共同開発、でもその次が…? 画像
モータースポーツ/エンタメ

[早トチリ]トヨタ 86/スバル BRZ 次期型は共同開発、でもその次が…?

『ベストカー』3月26日号が、同誌2月26日号のトヨタ『86』情報は「早トチリ」と、訂正する内容で続報している。2月26日号では、兄弟車スバル『BRZ』と合わせた次期型について、トヨタとスバルとで共同開発が進められてきたが、両社の開発方針に乖離が生じた、としていた。

「サウナの日」にヤマハ発動機と京王電鉄がコラボ、漫画「終電ちゃん」配信&イベント 画像
モーターサイクル

「サウナの日」にヤマハ発動機と京王電鉄がコラボ、漫画「終電ちゃん」配信&イベント

ヤマハ発動機は、京王電鉄と講談社協力のもと、バイクとサウナと終電ちゃんのコラボ漫画を、サウナの日である3月7日から「ととのったMAGAZINE」にて配信する。

ゴーン後の日産、新型車とデザインを占う…かたちになるのは2020年以降 画像
モータースポーツ/エンタメ

ゴーン後の日産、新型車とデザインを占う…かたちになるのは2020年以降

カルロス・ゴーンが経営から離れることになった日産自動車。「日本市場に冷淡な印象のあったゴーン時代の日産だった」が、戦略も変わるということで、『ベストカー』がこれから登場する日産の新型車を解説している。

トヨタ 86 と スバル BRZ、次期型の共同開発は中止か 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ 86 と スバル BRZ、次期型の共同開発は中止か

ミドルサイズの2ドアFRスポーツクーペとして人気のトヨタ『86』/スバル『BRZ』兄弟車。『ベストカー』によると次期型も共同で開発が進められてきたが、ここにきて両社の開発方針に乖離が生じてきたという。

2020年、トヨタ スープラ に「エボ」…3リットル直6ターボは431馬力? 画像
モータースポーツ/エンタメ

2020年、トヨタ スープラ に「エボ」…3リットル直6ターボは431馬力?

編集部の予想では、トヨタ『MIRAI』、『ランドクルーザー300』、スバル『WRXスポーツクーペ』、日産『スーパースカイライン』、そして新型が登場したばかりの『スープラ』のエボリューションモデルなどが2020年の登場が期待される。

クルマを題材にした日米の文化が会場で交流…東京オートサロン2019 画像
自動車 ニューモデル

クルマを題材にした日米の文化が会場で交流…東京オートサロン2019

東京オートサロン2019会場で、映画『ワイルド・スピード』ブースを、「MFGエンジェルス2019」が訪問。クルマを題材にした日米の作品がタッグを組んで、クルマを盛り上げ、互いの作品がより一層多くの人に楽しんでもらえるように、エールを交わした。

純正タイヤサイズで最速の 86? しげの秀一『MFゴースト』作中マシン…東京オートサロン2019 画像
自動車 ニューモデル

純正タイヤサイズで最速の 86? しげの秀一『MFゴースト』作中マシン…東京オートサロン2019

しげの秀一が週刊『ヤングマガジン』で連載中の漫画『MFゴースト』。同作に登場するマシン「86MFGコンセプト2019」が東京オートサロン2019に出展され、来場者の注目を集めていた。

なぜこうなった? でも、愛おしい…どこか残念な車が100台! 画像
モータースポーツ/エンタメ

なぜこうなった? でも、愛おしい…どこか残念な車が100台!

すべてのクルマはヒットを期待されて登場してくるが、市場の読み違いや開発のツメの甘さなどから「ざんねん」と言われてしまうクルマも少なくない。本書はそんな「ざんねん」な、それでいてどこか憎めないクルマをユーモアと温かみのある文章で紹介する。

マツダの新型フラッグシップ・クーペにはロータリーが搭載されない? 画像
モータースポーツ/エンタメ

マツダの新型フラッグシップ・クーペにはロータリーが搭載されない?

ブランド戦略を考える上で必要なフラッグシップモデル。マツダは生き残りに向けて、ロータリーエンジンを保留、新開発の直6を採用、車種も新型サルーン派生の、ラグジュアリークーペになるという。

マツダ デミオ 次期型にロータリーエンジン搭載?! すでに試作車 画像
モータースポーツ/エンタメ

マツダ デミオ 次期型にロータリーエンジン搭載?! すでに試作車

『ベストカー』編集部によると、2019年から、大きく進化した技術、スタイル、コンセプトをもつ、革新的な新型スモールカーが続々と登場する。巻頭特集に出てくるのはトヨタ『パッソ』、ホンダEV、マツダ『デミオ』、日産『デイズ』だ。

都営バス、半世紀の歴代車両データが1冊に…『全形式アルバム』発売 画像
モータースポーツ/エンタメ

都営バス、半世紀の歴代車両データが1冊に…『全形式アルバム』発売

講談社は、都営バス半世紀の車両データを一冊にまとめた大図鑑『永久保存版 都営バス 全形式アルバム』を11月28日に発売した。

MR2 の復活を検討、トヨタは本気だ!…予想イラスト前後2点掲載 画像
モータースポーツ/エンタメ

MR2 の復活を検討、トヨタは本気だ!…予想イラスト前後2点掲載

『ベストカー』12月26日号は巻頭で「MR2復活は本当か!?」と特集している。『86』と新型『スープラ』でFRはそろったので、次はミッドシップ『MR2』の復活を検討しているという。トヨタが今、ミッドシップスポーツを作ることにどんなメリットがあるのか?

アイシス、FJクルーザー、さらに…トヨタラインナップ半減計画 画像
自動車 ニューモデル

アイシス、FJクルーザー、さらに…トヨタラインナップ半減計画

『ベストカー』11月10日号が40台以上の新型車をスクープしている。日産『GT-R50 byイタルデザイン』やトヨタ『センチュリーGRMN』を解説しているが、市場から撤退する車種もあるという。トヨタの場合、その数が半数に及ぶという。

GT-R にもSUVが?…メジャーブランドはSUV派生車をもつ 画像
モータースポーツ/エンタメ

GT-R にもSUVが?…メジャーブランドはSUV派生車をもつ

『ベストカー』9月26日号の巻頭特集では、クロスオーバーSUVの“今後”を捕捉。2019年から続々登場するSUVのなかでも、とりわけ注目を集めると『ベストカー』編集部が予想するのが日産『GT-R』のSUV版だ!

スバル VIZIV GT、市販化開発が再起動? スペックを予想 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル VIZIV GT、市販化開発が再起動? スペックを予想

SUBARU(スバル)のミドシップスポーツについては、2016年にいちど開発説が飛び交い、その後は詳細情報が伝わってこなかったが、ここにきていよいよ本格的な開発についての情報が再浮上した。気になるのはその実現性。

モビルスーツが量産化へ…国交省超小型モビリティ規格の保安基準に適合 画像
モータースポーツ/エンタメ

モビルスーツが量産化へ…国交省超小型モビリティ規格の保安基準に適合

『ベストカー』9月10日号、巻頭では2020年までに登場する国産8メーカーの新型車スケジュールを網羅している。また人気のスズキ『ジムニー』新型とホンダ『N-VAN』の試乗記も掲載している。

「A90」の文字が透けて見えたカモフラージュ…新型トヨタ スープラ のデビュー時期予想 画像
モータースポーツ/エンタメ

「A90」の文字が透けて見えたカモフラージュ…新型トヨタ スープラ のデビュー時期予想

巻頭では、ついに実車が公開された次期型トヨタ『スープラ』と、イタルデザインが手がけた日産『GT-R 50』の、注目国産スーパースポーツ2台を紹介。さらに、デビュー直後のトヨタ『センチュリー』筆頭に、全9台にわたる試乗レポートを掲載する。

トヨタのGRMN戦略をスクープ!…スープラ、ヤリス、マークX etc 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタのGRMN戦略をスクープ!…スープラ、ヤリス、マークX etc

トヨタがスポーツブランド「GR」の戦略をアピールしたのは2017年9月。それから約1年が経った今、『ベストカー』が新たなスポーツモデルの存在を報じている。

トヨタ、レクサス、スバル、マツダのニューモデルを一挙公開…誌上モーターショー2018 画像
エンターテインメント

トヨタ、レクサス、スバル、マツダのニューモデルを一挙公開…誌上モーターショー2018

『ベストカー』7月10日号は、今年の開催が無い東京モーターショーの代わりに“ベストカー誌上”モーターショーを初開催。トヨタ、レクサス、マツダ、スバルの計4メーカーの合計29モデルにおける最新情報を一挙公開する。

フォレスター 新型を控えるスバルの期待と不安 画像
モータースポーツ/エンタメ

フォレスター 新型を控えるスバルの期待と不安

『ベストカー』6月26日号 発行:講談社ビーシー、講談社 価格:本体352円+税=380円

トヨタ クラウン 新型について、ここまでわかっている 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ クラウン 新型について、ここまでわかっている

『ベストカー』5月10日号の巻頭は、トヨタの『クラウン』と『カローラ』の新型を特集している。東京モーターショー2017でコンセプトモデルが登場し、市場への登場に向けていよいよカウントダウンだ。

国産FR復権の狼煙があがる…日産 スカイライン、マツダ アテンザ、トヨタ ミライまでも!? 画像
モータースポーツ/エンタメ

国産FR復権の狼煙があがる…日産 スカイライン、マツダ アテンザ、トヨタ ミライまでも!?

最近の日本車はFFが多いしやっぱりFRは欧州車なーんて思ってる方に朗報だ。今月の『ベストカー』では、欧州プレミアムブランドに真っ向から対抗するべく誠意開発中である国産FRモデルの最新情報を掲載する。

ジュネーブモーターショー2018で公開されたコンセプトモデルの“真実”と未来の“市販車”に迫る! 画像
エンターテインメント

ジュネーブモーターショー2018で公開されたコンセプトモデルの“真実”と未来の“市販車”に迫る!

『ベストカー』4月10日号 発行:講談社ビーシー、講談社 価格:本体352円+税=380円

スバル レヴォーグ 次期型はジュネーブモーターショー2018で事実上のデビューか 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル レヴォーグ 次期型はジュネーブモーターショー2018で事実上のデビューか

巻頭グラビアページでは「BC(ベストカー)だけが知るスクープ情報36+5」と題し、『ベストカー』誌スクープ班が入手した国産8社のスクープ情報を展開する。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 14