フィアット 500 にツインエア+5MTの限定車…500Sマヌアーレ・ロッサ 価格は246万円

FCAジャパンは、フィアット『500』にマニュアルトランスミッションを採用した限定車「500Sマヌアーレ・ロッサ」を設定し、6月15日より80台限定で販売する。

イタリア語で “マニュアルトランスミッション”を意味する「マヌアーレ(Manuale)」と“赤”を意味する「ロッサ(Rossa)」を車名にした500Sマヌアーレ・ロッサは、875ccの2気筒ターボエンジン「ツインエア」+5MTという、通常は設定のない組み合わせの限定車。独特のフィーリングを持つツインエアエンジンを自らの手で操ることで、日常的にドライブの楽しみを堪能できる。

ボディカラーには人気のパソドブレレッドを採用し、足もとにはダークグレーの専用15インチアルミホイールを標準装備。また、マニュアルモデル専用のフォグランプ付フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパーを装備するほか、サテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーなど、細部にもスポーティな演出が加えられた。

内装はブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーをあしらい、洗練された雰囲気に。装備については、レザースポーツステアリングホイール、専用インストルメントパネル、Apple CarPlayおよびAndroid Auto対応の7インチタッチパネルモニター付インフォテインメントシステム「Uconnect」、START&STOPシステム(アイドリングストップ機能)などが標準装備される。

車両価格は246万円。

《丹羽圭@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース