トヨタ ミライ を8台、国際オリンピック委員会に納車

国際オリンピック委員会に納車されたトヨタ・ミライ
  • 国際オリンピック委員会に納車されたトヨタ・ミライ
  • 国際オリンピック委員会に納車されたトヨタ・ミライ
  • 国際オリンピック委員会に納車されたトヨタ・ミライ

トヨタ自動車の欧州部門は6月4日、燃料電池車の『ミライ』(Toyota MIRAI)8台を、スイスのIOC(国際オリンピック委員会)に納車した、と発表した。

ミライには、トヨタが新開発したFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術と、ハイブリッド技術を融合したTFCS(トヨタ・フューエル・セル・システム)を搭載する。欧州仕様の場合、水素フル充填で、最大およそ500kmを走行できる。

また、欧州仕様のミライの場合、0~100km/h加速は9.6秒、最高速は178.6km/hの性能を備えている。

トヨタ自動車の欧州部門はこのミライ8台を、スイスのIOC(国際オリンピック委員会)に納車した。IOCの活動において、CO2排出量削減の取り組みの一環になるもの、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集