ポルシェ 911 新型、富士スピードウェイで日本国内初披露 6月15-16日

ポルシェ911新型
  • ポルシェ911新型
  • ポルシェスポーツカートゥゲザーデイ2019(イメージ)

ポルシェジャパンは、ファンイベント「ポルシェスポーツカートゥゲザーデイ2019」を6月15・16日の2日間、富士スピードウェイにて開催する。

ポルシェスポーツカートゥゲザーデイは、ポルシェジャパンが主催する年に一度のポルシェファンのためのイベント。2017年および2018年にも同様のイベントとして、富士スピードウェイにて「ポルシェエクスペリエンスデイ」を開催してきたが、3回目を迎える今年からイベント全体の名称を「ポルシェスポーツカートゥゲザーデイ」として、富士スピードウェイをポルシェ一色に染め上げる。

第1回目の開催となる「ポルシェスポーツカートゥゲザーデイ2019」では、昨年11月のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たした新型ポルシェ『911』(タイプ992)を日本国内初披露。また、歴代7世代分のヒストリックカーも展示する予定だ。

モータースポーツでは、「ポルシェエクスペリエンスデイ 2019」としてポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)とポルシェカレラカップアジア(PCCA)に加え、「718ケイマンGT4クラブスポーツ」が導入されるポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)を開催。さらに今年から始まるポルシェジャパン主催のeスポーツのワンメイクレースシリーズ「ポルシェEスポーツレーシングジャパンシリーズ1」の決勝も開催する。

そのほか、レースがスタートする直前の緊張感漂うドライバーやチームスタッフを間近で見ることができるグリッドウォークや、アパレルからミニカーまで幅広いラインアップと取り揃えるポルシェドライバーズセレクションの販売など、数多くのプログラムを用意。ポルシェオーナー以外も楽しめる内容となっている。

入場料は、気軽にイベントを楽しめるポルシェビジターパスが1000円、特別ラウンジで軽食やドリンクとともにレース観戦できるポルシェラウンジパスが1万6200円(1日300名限定)。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集