パナソニックの苦悩---テスラがEV電池米工場の追加投資を凍結[新聞ウォッチ]

テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・ギガファクトリー1
  • マツダ・ロードスター30周年記念仕様

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

米国の電気自動車(EV)メーカーのテスラとパナソニックが米国のネバタ州で共同運営する世界最大のEV向けの車載用電池工場「ギガファクトリー1」の生産能力を高めるための追加投資を凍結するという。

きょうの日経が1面準トップで報じている。両社は、2020年をめどに生産能力を5割増やす計画だったが、足元のEVの販売台数が想定を下回り、「数千億円規模の先行投資はリスクが大きいと判断した」と伝えている。

テスラでは、2020年をめどに車の生産台数を年間100万台にまで拡大する計画を策定し、パナソニックと共同運営する工場の生産能力を高めるための追加投資を検討してきた。だが、2017年7月に生産を開始した『モデル3』の量産化が遅れるなどして、18年の世界販売台数は24万5000台にとどまるなど伸び悩んでいる。このため、この先、大規模の投資はリスクが大きいとして凍結を判断したもようだ。

大ぶろしきを広げたテスラのイーロン・マスクCEOだが、世界最大のEV用電池工場の追加投資の凍結は共同運営するパナソニックにとっても大きな痛手となる。日経によると、パナソニックではテスラへの過度の依存を減らすため、トヨタ自動車と連携を深めつつあるが、「投資競争についていけなければ成長戦略が揺らぐ」と指摘。

さらに「ライバルの電機会社が高収益をたたき出す中でパナソニックは取り残されている。どうやって成長するのか。再び重い課題が突きつけられている」とも報じており、株価も低迷するなど続投する津賀一宏社長ら経営陣の苦悩はしばらく続く。テスラ・ギガファクトリー1

2019年4月12日付

●「合意なき離脱」当面回避、英EU10月末期限、5月に危機再燃も(読売・2面)

●日産資金還流示す資料、ゴーン被告宛て、報告メールも、地検入手(読売・35面)

●妻キャロルさん、尋問で不正否定か(読売・35面)

●コンビニ出店急ブレーキ、19年度ローソン、店数増やさず(朝日・1面)

●ダイハツ191万台リコール(毎日・22面)

●日産「ノート」74万5372台リコール(毎日・22面)

●スバルは「レガシィ」3万3181台(毎日・22面)

マツダ・ロードスター30周年記念仕様●小さく軽く平成駆け抜け、マツダロードスター誕生30年(東京・7面)

●テスラ、EV電池投資凍結、パナソニックと運営米工場(日経・1面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集