ブリヂストン、BATTLAXの世界観を製品とグラフィックアートで表現…東京モーターサイクルショー2019

ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ブリヂストンブース(東京モーターサイクルショー2019)

ブリヂストンは3月22日に東京ビッグサイトで開幕した東京モーターサイクルショー2019で、二輪用タイヤプレミアムブランド『BATTLAX(バトラックス)』製品をブース中央に据えて、その世界観を表現している。

ブリヂストン日本タイヤ広告・イベント推進ユニットの新延涼介氏は「2月に発売したばかりのスポーツラジアルタイヤ『BATTLAX HYPERSPORT S22』やアドベンチャー向けの『BATTLAX ADVENTURECROSS AX41』や既存商品も含めて、スポーツ、ツーリング、アドベンチャー、オフロードの4つのカテゴリーに分けて展示、紹介している」と話す。

また新延氏は「今回は見せ方にもこだわりがある」と明かす。というのも「我々の製品を支持して頂いている方々は年齢層が高め。製品の価格も高価で『品質は高いが、ちょっと値が張る』というお声も頂き、やはり40-50歳代の方がメインになっている。それを少しでも若い方に下げていきたい」との思いがあり、「今回ブース全体をカラフルにして、若い方を呼び込めるよう新たに工夫した」とのことだ。

実際、色彩豊かなグラフィックスデザイン画でブリヂストンのブース全体が構成されているようになっている。「それぞれのタイヤのイメージに合ったグラフィックスを東京モーターサイクルショー向けオリジナル作品としてアーティストの方に描いて頂きいた。タイヤはまるで本物のように精密に、その周りは抽象的に描くことで、そのコントラストでよりタイヤが際立つようにしている」と新延氏は解説する。

ブリヂストンブースではBATTLAX製品だけでなく、それらのタイヤを装着した市販車やレース参戦車両も展示しており、展示車両のすべてにまたがり体験できるようになっている。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集