カーフェリーでETC活用、八戸港で試行運用へ NEXCO中日本など7社

八戸港に発着するシルバーフェリー
  • 八戸港に発着するシルバーフェリー
  • カーフェリーETC多目的利用サービス

NEXCO中日本など7社は、カーフェリーにおけるETC多目的利用サービスの試行運用を3月18日から31日まで、八戸港フェリーターミナルで実施する。

試行運用を実施するのは、NEXCO中日本、沖電気工業、オリエントコーポレーション、ソニーペイメントサービス、中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋、三菱プレシジョン、メイテツコムの7社。各社が持っている技術とノウハウを集め、「ETC多目的利用サービスの拡大」の実現に向けて検討を進めてきた。

法人がフェリーを利用する場合、事前予約し、運転手が乗船申込書を記入し、車検証を添えて窓口に提出。フェリー会社が窓口で予約情報と乗船申込書、車検証の車両情報(車長など)を照合し、船券を発券し、利用者は乗船。フェリー会社が後日、1か月分のフェリー乗船料金をまとめて請求するという流れとなる。

今回の試行運用では、駐車場入口到着時に、ETC無線通信で車載器の車検証情報などを取得し、その情報と予約情報をもとに乗船申込書を自動印刷。運転手はそれを提出し、フェリー会社は乗船券を発券する。乗船時はETC無線通信でETCカード番号などを取得し、乗船を確認。後日、1か月分のフェリー乗船料金をまとめて請求、クレジットカードによる模擬決済を実施する。

今回の試行運用では、乗船手続簡素化による利用者の利便性向上や、フェリー会社の業務効率化が期待できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集