アウディ Q4 e-tron は、前後モーター搭載の電動SUV…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]

アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
  • アウディ Q4 e-tronコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)

アウディ『Q4 e-tronコンセプト』は、モーターを2個搭載する電動SUVだ。フロントモーターが最大出力102hp、最大トルク15.3kgmを発生する。リアモーターが最大出力204hp、最大トルク31.6kgmを引き出す。前後のモーターを合わせたシステム全体では、最大出力306hpを獲得する。

駆動方式は、電動4WDの「クワトロ」だ。前後アクスルをつなぐ機械的なリンクは存在しない。電子制御システムが、トルクを一瞬で前後のアクスルに最適に配分する。これにより、あらゆる気象条件やあらゆる路面状況で、最適なトラクションを発揮するという。0~100km/hを6.3秒で加速し、最高速は180km/h(リミッター作動)に到達する。

バッテリーは、蓄電容量が82kWhと大容量で、前後アクスル間のフロア下のほぼ全てのスペースを占める。WLTPサイクルでの航続は、450km以上。アウディによると、このクラスのベンチマークを打ち立てるという。また、最大125kWで急速充電を行うことでき、これにより、およそ30分でバッテリーの8割の充電が行える。

外観は、アウディ初の市販EVの『e-tron』と同様、幅広く、ほぼ垂直に設置された八角形のシングルフレームグリルを装備する。グリルの表面は、閉じた構造となっており、空気は左右のマトリクスLEDヘッドライトの下からフロントエプロンまで伸びる、大きなエアインレットから供給される。

前後ホイール間のシルエリアに設置されたアクセントは、バッテリーがこの場所に搭載されていることを示すもの。足元は、22インチの大径ホイールで引き締めた。ルーフラインは、後方に向かってわずかに傾斜する。ボディサイズは全長4590mm、全幅1900mm、全高1610mm、ホイールベース2770mmだ。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集