中部国際空港セントレアの制限区域で自動走行バス…丸紅とZMPが実証実験へ

中部国際空港(セントレア) (AC)
  • 中部国際空港(セントレア) (AC)
  • 実証実験に使う自動走行車両「ロッボカー Mini EVバス」

丸紅とZMPは3月12日、両社の合弁会社であるAIROが中部国際空港(セントレア)制限区域内で、3月18~20日の3日間、自動走行車両による実証実験を実施すると発表した。

国土交通省航空局が公募した「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」の実施者として、AIROは実証実験の準備を進めてきた。

実証実験では、バスによる乗客の輸送を想定したルートをZMPが開発した自動走行車両「ロッボカー Mini EVバス」が走行する。Mini EVバスはZMPのロボカーラインナップに新たに加わったEV(電気自動車)バスをベースにした車両で、今回の実証実験が日本初公開となる。

AIROでは、実証実験を通じて、空港制限区域内における自動走行車両の実用化に向けた課題の確認、データを収集して自動走行車両と付随サービスの商品化・販売を検討する。

AIROは、空港グランドハンドリング業務の深刻な労働力不足に対応するため、自動走行車両の活用が期待されており、空港グランドハンドリング事業や航空分野の知見とノウハウを持つ丸紅と、自動運転技術の開発力を持つZMPが設立した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集