Moto3で鳥羽海渡が日本人初優勝の快挙…最軽量クラス勝利は小山知良以来12年ぶり

Moto3クラス日本人初優勝の鳥羽海渡(Honda Team Asia)
  • Moto3クラス日本人初優勝の鳥羽海渡(Honda Team Asia)
  • Moto3クラス日本人初優勝の鳥羽海渡(Honda Team Asia)
  • Moto3クラス日本人初優勝の鳥羽海渡(Honda Team Asia)
  • アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)
  • アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)

日曜深夜(3月11日未明)、テレビの前で拳を振り上げたバイクレースファンは少なくなかったはず。日テレ地上放送は「MotoGP開幕戦カタールGP」を生放送したが、3時間前におこなわれたMoto3クラスで鳥羽海渡(Honda Team Asia=18歳)が見事優勝したことを伝えた。

最軽量クラスで日本人ライダーが表彰台の真ん中に立つのは、2007年のカタルーニャGP125ccクラスの小山知良以来12年ぶり。Moto3クラスになってからは、初の快挙だ。

鳥羽海渡コメント:
優勝を目指してがんばってきたので、今日の優勝は本当にうれしいです。チェッカーを受けたときは最高の気分でした。初優勝を達成できてうれしいですが、これがやっとスタートラインなので、これからも表彰台、優勝を目指し、チャンピオンを目指したいです。

ドヴィツィオーゾが開幕戦を制する

メインとなる最高峰MotoGPクラスは、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)が、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)との接戦を制して優勝した。ドヴィツィオーゾはカタールGPで5年連続の表彰台獲得。

ドヴィツィオーゾコメント:
テストを終了した段階では、これほど速く走れるとは期待していなかった。マシンの長所である加速力とトップスピードを活かすことができたとはいえ、コーナリングスピードをさらに向上させる必要がある。

第2戦アルゼンチンGPは3月31日に決勝レースがおこなわれる。

《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集