マツダ CX-30 は新たな基幹モデルとなるか…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]

マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)
  • マツダ CX-30(ジュネーブモーターショー2019)

『マツダ3』に次ぐ新世代商品の第2弾として、マツダがジュネーブモーターショー2019で発表した新型コンパクトクロスオーバーSUVが『CX-30(シーエックス・サーティー)』だ。新たな基幹モデルとして、今夏より欧州から順次グローバルに販売開始予定だという。

CX-30のデザインは、「魂動デザイン」を具現化したエレガントなスタイルと、SUVらしい力強さを融合させた。マツダ3で見せた、キャラクターラインを用いずに立体感を表現する造形を採用し、流麗な面構成、シルエットを実現。ブラックのフロントバンパー、フェンダーがSUVらしさを強調する。

マツダはCX-30のねらいを、「ご家族やご友人と、どこにでも気軽に出かけ、歓びを分かち合っていただけるよう、大人4人がゆったりと座れる空間と、くつろげる使い勝手の良いパッケージングを実現しました。さらに乗用車よりも高い車高による視認性や乗降性の良さに加え、道幅や駐車場を選ばない小回りが利くボディサイズがもたらす運転のしやすさを追求しています」と説明する。

プラットフォームにはマツダの新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を採用。人間が持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した。さらに次世代の高効率ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の採用も決定している。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集