日産 リーフ、世界販売40万台を達成…EV史上初

日産リーフの2019年モデル
  • 日産リーフの2019年モデル
  • 日産リーフの2019年モデル
  • 日産リーフの2019年モデル
  • 日産リーフの2019年モデル
  • 日産リーフの2019年モデル
  • 日産リーフ初代(2009年)
  • 日産リーフ初代は横浜のグローバル本社竣工とともに発表された(2009年8月2日)

日産自動車は3月5日、EVの『リーフ』(Nissan Leaf)の世界累計新車販売台数が40万台を達成した、と発表した。40万台の達成は、EVとしては史上初、としている。

日産は先代(初代)リーフを2010年、日米で発売。その後、世界展開を図り、現在では世界50以上の市場に導入されている。

リーフがこれまでに走行した距離は、累計100億km以上。2010年に発売してからのリーフの累計販売台数をもとに算出すると、1年あたり380万バレルに相当する石油を節約した計算になるという。

リーフは2018年、欧州でEVの販売台数1位となった。ノルウェーでは、EV以外の車種も含めた年間販売台数の第1位を獲得した。日産は2019年前半に、ラテンアメリカの6市場に、また2019年の年末までにアジアとオセアニアの7市場に、リーフを投入する予定だ。

なおリーフは現在、日本の追浜工場、英国サンダーランド工場、米国テネシー州のスマーナ工場で生産されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集