メルセデスベンツ SLC に最終仕様、初代 SLK へのオマージュも表現…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
  • メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション

メルセデスベンツは、スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、現行メルセデスベンツ『SLC』(Mercedes-Benz.SLC)の最終モデル、「SLC 300ファイナルエディション」を初公開すると発表した。

SLCはメルセデスベンツの小型オープンスポーツカー、『SLK』の大幅改良モデルだ。現行SLKは3世代目モデルで、2011年に発表された。2016年の大幅改良を機に、SLCにネーミングを一新。SLC 300ファイナルエディションは、現行SLCのおよそ8年の歴史に終止符を打つ最終モデルになる。

SLC300ファイナルエディションのボディカラーには、鮮やかな「サンイエロー」が設定される。このサンイエローは、1996年に発表された初代SLKに用意された「イエローストーン」のボディカラーへのオマージュだ。このサンイエローをはじめ、ポーラーホワイト、ダイヤモンドホワイトのボディカラーでは、トリムストリップの下側がブラック仕上げとなる。ドアハンドル、ドアミラー、リアブレースにも、光沢ブラック仕上げが施される。

メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
ブラック、オブシディアンブラック、セレナイトグレーのボディカラーを選択した場合には、AMGスタイリングのフロントバンパーの下側に、シルバークローム仕上げのトリムストリップが装着される。また、全てのボディカラーで、フロントフェンダーには「SLC Final Edition」のエンブレムが添えられる。足元には、光沢ブラック仕上げの18インチ5スポークAMGアルミホイールが装着された。

SLC300ファイナルエディションは、「AMGライン」仕様となっており、AMGスタイリングのバンパー、10mm車高の低いスポーツサスペンション、穴あきブレーキディスクとメルセデスベンツのロゴ入りフロントキャリパーを備えた大容量ブレーキシステムが標準装備される。

メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
インテリアは、アルパカグレーのトップステッチを施したブラック+シルバーパールのツートン仕上げのナッパレザーを採用。スポーツシート、ドアトリム、ドアセンターパネルなども、この仕上げとなる。シートベルトもアルパカグレー。ヘッドレストは、カーボンファイバー調のレザー仕上げで、シートバックの上部にはSLC Final Editionの文字が刻まれる。

メルセデスベンツ SLC 300 ファイナルエディション
オートマチックトランスミッションのセレクターレバーは、カーボンレザーで覆い、SLCの文字を添えた。インストルメントパネルとセンターコンソールのトリムは、明るいアルミ仕上げ。標準装備のマルチファンクションスポーツステアリングホイールは、グリップ部分に滑らかなナッパレザーを使用し、カーボンレザーを組み合わせた。

SLC300ファイナルエディションには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は245hp、最大トルクは37.7kgm。0~100km/h加速5.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を備えている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集