トヨタの入門コンパクト、アイゴ にオレンジ強調の特別モデル…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

トヨタ・アイゴの「x-cite」
  • トヨタ・アイゴの「x-cite」
  • トヨタ・アイゴの「x-style」
  • トヨタ・アイゴの「x-style」
  • トヨタ・アイゴの「x-cite」

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、『アイゴ』(Toyota AYGO)の「x-style」と「x-cite」を初公開すると発表した。

現行アイゴは2014年3月、ジュネーブモーターショー2014で発表。アイゴは欧州Aセグメントに属し、トヨタの欧州における入門モデルの役割を担うコンパクトカーだ。トヨタとPSAグループが共同開発し、プジョー版は『108』、シトロエン版は『C1』を名乗る。

ジュネーブモーターショー2019で初公開される予定のx-styleとx-citeは、最新のアイゴをベースにした特別モデルだ。x-styleのエクステリアは、ホワイトのボディカラーを基本に、電動キャンバストップやフロントバンパー、ボディサイド、ドアミラーなどにダークオレンジのアクセントを配した。

x-citeの外観は、明るいオレンジのボディカラーを基本に、フロントスポイラーやドアミラー、ルーフなどをブラック仕上げとする。両車ともに、インテリアはブラックを基調に、オレンジのアクセントが添えられている。

また、衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンス」の最新版を標準装備。車速が10~80km/hの範囲で、衝突の危険を察知した場合に、「PCS(プリ・クラッシュ・システム)」が作動。ドライバーに警告を発し、ドライバーが回避行動を取らない時には、自動でブレーキをかける。また、「LDA(車線逸脱警告)」は、高速道路などにおいて、自車の走行車線をモニター。ウインカーなしで車線を逸脱した場合、ドライバーに音やサインで警告を発する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集