BMW i3、新型バッテリー搭載車発売 最大航続距離466kmを実現

BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)
  • BMW i3新型バッテリー(120Ah)

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、最大航続距離466kmを実現した電気自動車『i3新型バッテリー(120Ah)』を2月6日より発売した。

i3新型バッテリー(120Ah)は、約30%容量を拡大した新型リチウムイオンバッテリーを搭載し、総電力量は33kWhから42kWhに増加。これにより、一回の充電走行可能距離(WLTCモード)は360km、さらに発電用エンジンを積むレンジエクステンダー装備車では466kmを達成する。新型車は、CHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電に対応し、約50分で80%まで充電可能。標準装備されている3.7kWの普通充電では約12時間で満充電となる。

電気モーターによる後輪駆動式を採用し、最大出力170ps、最大トルク250Nmを発揮。0-100km/h加速は7.3秒と、BMWらしいスポーティーな走りを実現する。そのほか、インテリアデザインオプションとして、標準装備のクールで洗練された印象の「アトリエ」に加え、モダンでナチュラルな「ロッジ」、上質かつ高級感あふれる「スイート」の3つをラインアップしている。

価格はi3が543万円、i3 レンジエクステンダー装備車が592万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集