カーメイト、チャイルドシートの肩ベルト不具合で5000台をリコール

基準不適合発生箇所
  • 基準不適合発生箇所
  • 改善の内容

カーメイトは1月28日、チャイルドシート「エールベベ・パパット グランス」の肩ベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年3月5日~10月30日に製造された5022台。

今回の不具合は、肩ベルト穴の形状および肩ベルトハンガーの動作構造が不適切なため、肩ベルト長さ調節時に片側ベルトのみ強く引き出すと、肩ベルトループ部に捲れが発生するというもの。動作を繰り返し行うと、最悪の場合、肩ベルトハンガーから肩ベルトが抜け、子どもを十分に拘束できないおそれがある。

改善措置として、肩ベルト穴にハンガーストッパーを追加し、肩ベルトハンガーにベルト抜け防止シールを追加する。

不具合は3件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集