トヨタ スープラ 新型、発売記念車は豊田章男社長のサイン入り…デトロイトモーターショー2019

トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ・スープラ 新型のローンチ・エディション
  • トヨタ・スープラ 新型のローンチ・エディション
  • トヨタ・スープラ 新型のローンチ・エディション
  • トヨタ・スープラ 新型のローンチ・エディション
  • トヨタ・スープラ 新型のローンチ・エディション

トヨタ自動車の米国部門は1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2019において、新型『スープラ』(Toyota Supra)の「ローンチエディション」を初公開した。

ローンチエディションは、新型スープラの米国での発売記念モデルだ。スープラのコアなファンに向けて1500台を限定生産し、2019年夏に5万5250ドル(約600万円)で発売される。

ローンチエディションでは、19インチのアルミホイールをマットブラック、ドアミラーカバーを赤で仕上げているのが特徴だ。ボディカラーには、ホワイト、ブラック、レッドの3色を設定する。インテリアには、スポーツシートとカーボンファイバーアクセントが採用された。ボディカラーがホワイトとブラックの場合、内装はレッドレザーとなり、ボディカラーがレッドの場合、内装はブラックレザーとなる。

3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、米国仕様の場合、最大出力335hp、最大トルク50.5kgmを引き出す。トランスミッションは8速ATで、0~96km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

なお、新型スープラのローンチエディション全車のダッシュボードに、トヨタのマスタードライバーでもある豊田章男社長のサインが添えられる。

トヨタ スープラに関するニュースまとめ一覧

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集