北米カーオブザイヤー、韓国メーカーが初の2冠…デトロイトモーターショー2019

ジェネシスG70
  • ジェネシスG70
  • ヒュンダイ・コナEV

北米カーオブザイヤー主催団体は1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2019において、「2019北米カーオブザイヤー」など3賞を発表した。

北米カーオブザイヤーとSUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出するもの。

2019北米カーオブザイヤーのファイナリスト3車種は、以下の通り。

●ホンダ・インサイト
●ボルボS60/V60
●ジェネシスG70

また、2019北米SUVオブザイヤーのファイナリスト3車種は以下の通り。

●アキュラRDX
●ヒュンダイ・コナ/コナEV
●ジャガーI-PACE

2019北米カーオブザイヤーは、ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの『G70』が獲得した。同車は、BMW『3シリーズ』やアウディ『A4』、メルセデスベンツ『Cクラス』をライバル視する。

また、2019北米SUVオブザイヤーは、ヒュンダイ『コナ』/『コナEV』が獲得した。コナは、ヒュンダイのコンパクトSUVで、EVもラインナップする。

なお、もうひとつの賞、2019北米トラックオブザイヤーは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)の『ラム1500』が獲得した。北米カーオブザイヤーでの2冠は、韓国メーカー初の出来事となった。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集