軽からSUVまで!トピー実業の1ピース鋳造ホイール2019年モデルがリッチでエレガント…東京オートサロン2019

トピー実業ブース(東京オートサロン2019)
  • トピー実業ブース(東京オートサロン2019)
  • トピー実業ブース(東京オートサロン2019)
  • トピー実業 自動車部品事業部 消費財営業グループ 白川千里氏
  • トピー実業 「ドルフレン・ヴァルネ」(DORFREN VALNE)
  • トピー実業 「バザルトエックスタイプ2」(BAZALT X Type2)
  • トピー実業 「バザルトエックスタイプ2」(BAZALT X Type2)
  • トピー実業 「セレブロ WF5」(CEREBRO WF5)
  • トピー実業ブース(東京オートサロン2019)

ホイールメーカーのトピー実業は、2019年プレミアムセレクションを2台のデモカーと共に展示。2月から販売される3ブランドの最新モデルに注目が集まった。

上位人気ブランド「ドルフレン」に新作「ヴァルネ」

トピー実業のホイールラインナップでも上位ブランドに位置するドルフレン(DORFREN)。その2019年最新モデルが、「ドルフレン・ヴァルネ」(DORFREN VALNE)だ。「このヴァルネが2019年コーポレートフラッグシップモデル」と教えてくれたのは、トピー実業 自動車部品事業部 消費財営業グループ 白川千里氏。

「ディスク全体にエッジのきいたポリッシュラインと、シャープなポリッシュラインを配置。荒々しい波(=VALNE)のようすを表現した。ベースの力強い5本スポークには、ポリッシュラインとの境目にコンケーブ形状の大きな高低差を設け、立体感を強調。また、センター周辺もあえてポリッシュ処理しないことで、リムにむかってのびる10本のポリッシュラインが引き立ち、実際のインチよりも大きく見える視覚的効果を演出している」(白川氏)。

カラーはブロンズベースのブロンズブラッククリアと、レッドベースのレッド・ブラッククリアの2種類。ベースカラーはデザイン特性を活かしグラデーションのような仕上がりに。また、フィニッシュにはブラッククリアを施し、全体としては落ち着いた雰囲気に仕立てた1ピース鋳造モデルだ。サイズは5穴の17・18・19・20インチ、4穴の15・16・17インチ。

SUV・4駆向け「バザルト」シリーズは6×3

トヨタ『ハイエース』や日産『キャラバン』、三菱『デリカD:5』、日産『エクストレイル』などのSUVにあわせた1ピース鋳造モデルが「バザルトエックスタイプ2」(BAZALT X Type2)。

「タフなイメージと高級感をあわせもつドレスアップモデルで、ありそうでない6×3スポークのデザインは、玄武岩(=BAZART)を思わせるタフな力強さと高級感を演出。キャップには凹凸のみで表現したブランドロゴを採用。各ホイールカラー専用のオーナメントを設定し、デザインのコンビネーションも図った」(白川氏)。

カラーは2種類。ハイエースやキャラバン向けはピアノブラック/ブラッククリア。「艶のあるポリッシュスポークに、ブラッククリアを重ね、ブラック・ミラーのような深い輝き高級感を演出した」という。また、SUVむけはマットブラック。「セミマットに近い独特の質感で、使えば使うほど深みがますマットブラックを採用した」とのことだ。サイズは6穴、5穴ともに16・17インチ。

セレブロ WF5 はオーナメントを刷新

トピー実業のホイールラインナップでもカジュアルブランドとして人気なのが、セレブロ(CEREBRO)シリーズだ。そのなかでも最新版は、5×5スポークでダブルフェイスデザインを採用した1ピース鋳造モデル「セレブロ WF5」。

「セレブロ WF5 は、純正インチキープから、ライトなインチアップまで、気軽にカジュアルにドレスアップを楽しみたいというユーザー向けブランド。V字の切削ラインが印象的で、センターからリム外周にむかって緩やかに太くなり、広がり感あるスポークデザインにしている。さらに、リムオーバー形状を採用することで、視覚的なインチアップ効果を実現。立体的なデザインのサブスポークは、他に類を見ない唯一の形状とした」(白川氏)

カラーはブラックポリッシュの1種類。輝くポリッシュ面と、つややかなブラックが美しいコントラストを生む。また、今回の2019年モデルからは、中心のオーナメントを刷新。マットブラックの背景に、ブランドネームとロゴをメッキ調にして高級感をもたせた。

サイズは5穴が15・16・17インチ。4穴が12・13・14・15・16インチ。軽自動車サイズは専用設計で、12スポークを採用している。

この3ブランドとも、今年2月から全国で発売。ブースに展示されたデモカー2台は今後、カー用品店などに展示していくという。

《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集