【レクサス UX】発売後1か月で8800台を受注…月販目標の9.7倍

レクサスは、新型車『UX』の受注状況について、11月27日の発売から約1か月にあたる12月25日時点で、月販目標(900台)の9.7倍にあたる約8800台と好調な立ち上がりとなっていると発表した。

UXは、『LX』、『GX』、『RX』、『NX』に続く、レクサスSUVの最小モデル。全長4495mm、全幅1840mm、全高1540mm、女性にも扱いやすいコンパクトさが特徴だ。パワーユニットは2リットルガソリンエンジンと2リットルハイブリッドシステムを用意する。

購入者は、取り回しに優れたパッケージのほか、大胆かつ洗練されたエクステリアデザインや日本の美意識を取り入れたインテリアデザイン、最新パワートレインやプラットフォームによる俊敏な走りと上質な乗り心地、安全性・機能性を追求した最新の安全装備などが、おもな好評点としてあげている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース