戦前生まれの路面電車で地域活性化…西鉄204号、福岡県大牟田市に里帰り

大牟田市内線で運行されていた時代の204号。
  • 大牟田市内線で運行されていた時代の204号。
  • 大牟田駅西口に移設される204号の設置イメージ。塗色は福岡市内線時代のものに復元されるという。

西日本鉄道(西鉄)と福岡県大牟田市は11月26日、かつて山口県光市で保存されていた元西鉄の路面電車を大牟田駅に移設することを明らかにした。

これは、1954年に廃止された西鉄大牟田市内線で使われていた「204号」と呼ばれる車両で、1943年に製造。大牟田市内線では1952年まで使われ、福島線や福岡市内線を経て、1975年に廃車された。その後は山口県の光市立図書館で保存されていたが、2011年に大牟田市の市民団体「204号の会」に引き取られ、大牟田に里帰り。解体の危機を免れた。

以来、大牟田市内のうどん店「大力茶屋」の敷地で保存されていたが、今回、西鉄と大牟田市が寄贈の申し出を受けたことを機に大牟田駅西口へ移設し、シンボルモニュメントとして活用されることになった。

204号は西鉄の協力により改修され、観光案内機能として活用される計画で、保存先の大牟田駅西口の整備も行なわれる。西鉄では2019年3月から運行を開始する観光列車『THE RAIL KITCHEN CHIKUGO』との相乗効果を図りつつ、「路面電車の移設を機に、駅前広場では、マルシェなども開催して、駅の賑わい創出に努めてまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集