ホンダ リード125、スロットルケーブル凍結で人身事故も 3万7000台に改善対策

ホンダ リード125(2015年)
  • ホンダ リード125(2015年)
  • 改善箇所

ホンダベトナムは、原付2種バイク『リード125』のスロットルケーブルに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2013年5月16日~2017年8月29日に製造された3万7050台。

スロットルインナケーブルの鋳造加工が不適切なため、ケーブルのコーティングチューブを傷付けたものがある。そのため雨水等がスロットルケーブル内部に浸入し、最悪の場合、浸入した水が凍結し、スロットルを操作できずエンジン回転が下がらないおそれがある。

改善措置として、全車両、スロットルケーブルを良品に交換する。

不具合は6件発生、人身事故が1件起きている。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集