アウディ TT 4ドアクーペは2020年登場か!? 欧州ライバルに対抗

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ TT Sportback コンセプト
  • アウディ TT Sportback コンセプト
  • アウディ TT Sportback コンセプト
  • アウディ TT Sportback コンセプト
アウディのコンパクトクーペ・ロードスター『TT』が、次世代型では4ドアクーペとして登場する可能性があると、英国売上No.1雑誌、「Auto Express」が報道している。

アウディは、2014年のパリモーターショーにて、4ドアの『TT Sportback コンセプト』を発表しているが、市販化は見送られている。コンパクトな2ドアクーペの需要は世界的に減少しており、現実味を帯びているようだ。

2020年に登場すると見られる次期型では、ロードスターとクーペは消滅し、4ドアクーペのみの設定が噂されている。次期型では、最新世代の「MBQ」プラットフォームを採用し、全長は11.4インチ(約290mm)、ホイールベースは4.7インチ(約120mm)、そして全幅は2.4インチ(約60mm)とかなりの大型化が予想されている。

発売される場合、電動化は必至と見られており、2リットル直列4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッド、あるいはマイルドハイブリッドなどが想定される。同市場には、メルセデスベンツ『CLA』がすでに発売されているが、BMWも『2シリーズ グランクーペ』を開発していると噂されており、欧州ビッグ3の激突となる可能性がある。

2020年、アウディTTが4ドアクーペになる!? ロードスターから大変身の可能性

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集