【ルノー メガーヌR.S. 新型試乗】意のままの走りが、ハッピーにさせてくれる…九島辰也

ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型
  • ルノー メガーヌR.S. 新型

“いいクルマ”に試乗したあとは幸せな気持ちになる。

この場合の“いいクルマ”とは当然走りがいいということだが、『メガーヌR.S.』の試乗会の帰り道はまさにそうだった。何かいいことがあったようなハッピーな気分のまま帰路についた。

ラップタイムだけでは語れない「走りのフィーリング」


3世代目のメガーヌR.S.はプラットフォーム、パワートレーンがこれまでと違う。もちろん、コンセプトはこれまで同様で、ニュルブルクリンクでの記録があいかわらずセールストークに使われる。が、新型はタイムだけでは語れない何かを強く感じた。それはまさに走りのフィーリング。試乗は高速コーナーの続く箱根のワインディングだったが、上りも下りも、タイトコーナーも高速コーナーもすべてが楽しく、かつ快適であった。意のままに操ることのできるマシン、なのだ。

これには4コントロールと4HCCに大きく寄与すると目される。メガーヌGTにも装備されるアレだ。前者が四輪操舵、後者がダンパーの構造を指すが、そのどちらも秀逸なセッティングが施されていた。

例えば4コントロールだが、低速域での逆位相、高速での同位相ともに自然な動きでドライビングをサポートしてくれる。その恩恵は大きく、ドライバーは運転が上手くなったのかと錯覚してしまうほどだろう。はじめは低速のタイトコーナーでオーバーステア方向への動きに対しステアリングを戻す作業が行うかもしれないが、それもすぐに慣れる。というか、信じられないほど自然なリアステアに感動すら覚える。鼻先をクルリクルリと旋回する様はじつに気持ちがいい。

また、こうしたコーナリング中でも思いのほか乗り心地がいいことに気づく。「あれ、R.S.ってこんな感じだっけ?」と疑心暗鬼になるほど。もちろん、これは4HCCが関与しているのは言わずもがな。入力が大きければ大きいほど恩恵はある。

デフォルトのニュートラルモードでも走りを満喫出来る


といった走りを“マルチセンス”と呼ばれるドライブモードを“スポーツ”やR.S.専用の“レース”にして楽しんでいた。クルマの性格上ある意味デフォルトはスポーツモードと考えられるのが理由だ。が、驚くことにこれと同じ気持ちのいいフィーリングを“ニュートラル”モードで感じられる。6速EDCのシフトタイミングを含め、これがかなりいいのだ。プログラミングが攻めなのだろう。パドルシフトを使わずともデフォルトの“ニュートラル”で楽しい走りが満喫できる。

エンジンは先立ってリリースされ話題となったアルピーヌ『A110』と同じ1.8リットル直4ターボを搭載。軽快な吹け上がりはさすが。もう少しパワーがあってもと思わなくもないが、この手の届く範疇がまた愛らしかったりもする。

といったようにトータルでハッピーな気分にさせてくれるメガーヌR.S.の走り。それがハッピーカーライフを送らせてくれることは間違いない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ:★★★★★

九島辰也|モータージャーナリスト
外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX(世界文化社 刊)」副編集長、「アメリカンSUV(エイ出版社 刊)」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON(主婦と生活社 刊)」副編集長なども経験する。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。趣味はサーフィンとゴルフの"サーフ&ターフ"。 東京・自由が丘出身。

《九島辰也》

編集部おすすめのニュース

特集