フォードモーターが自動運転の公道テストへ、仮想ドライバーシステム搭載…レベル4目指す

フォードモーターが百度との提携を強化し自動運転の公道テストを行う
  • フォードモーターが百度との提携を強化し自動運転の公道テストを行う

フォードモーター(Ford Motor)は10月31日、中国のインターネット検索最大手の百度(Baidu=バイドゥ)との提携を強化し、自動運転車の公道テストを行うと発表した。

百度は中国のインターネット検索最大手だ。同社の自動運転開発プロジェクトが、「アポロ」(Apollo)計画。アポロは、自動運転のオープンプラットフォームであり、自動運転車のすべての主要な特徴や機能をサポートする包括的かつ安全なソリューションを開発している。

フォードモーターは今回、百度との提携を強化し、自動運転車の公道テストを行うと発表。公道テストは2年間の共同プロジェクトとなり、中国の北京市で自動運転車のプロトタイプを走行させる。そして、レベル4の完全自動運転車の実用化を目指す。

公道走行用のテスト車両は、フォードモーターの高級車ブランド、リンカーンのセダンがベース。フォードモーターはテスト車両の全車に、「VDS」(仮想ドライバーシステム)を搭載した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース