ヤマハ トリシティ125/150、冷却水が漏れるおそれ リコール

ヤマハ・トリシティ125(2017年)
  • ヤマハ・トリシティ125(2017年)
  • 改善箇所

ヤマハ発動機は10月30日、三輪スクーター『トリシティ150ABS』など3機種の冷却水ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『トリシティ150ABS』、『トリシティ125』、『トリシティ125ABS』の3機種で2016年10月13日~2018年5月22日に製造された3636台。

ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホースおよびリザーバータンクのブリーザーホースの材料の配合量が不適切なため、ホースの耐久性が不足しているものがある。そのため、ホースが早期に劣化して亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部から冷却水が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホースおよびリザーバータンクのブリーザーホースを対策品に交換する。

不具合は17件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ GSX-R1000、リコール 燃料漏れのおそれあり 画像 スズキ GSX-R1000、リコール 燃料漏れのおそれあり
  • ヤマハ発動機、SR400 8905台をリコール オイル漏れのおそれ 画像 ヤマハ発動機、SR400 8905台をリコール オイル漏れのおそれ
  • ヤマハ トリシティ125、2018年モデル発売へ…新エンジン搭載 画像 ヤマハ トリシティ125、2018年モデル発売へ…新エンジン搭載
  • 【改善対策】ヤマハ トリシティ125、再始動できなくなるおそれ 画像 【改善対策】ヤマハ トリシティ125、再始動できなくなるおそれ
  • 川崎重工、最終赤字35億円…米国向け車両事業の収益悪化など 2018年4-9月期決算 画像 川崎重工、最終赤字35億円…米国向け車両事業の収益悪化など 2018年4-9月期決算
  • トライアンフ スクランブラー1200 新型に“初跨り”…オフロード性能を極めた脚の長さ実感 画像 トライアンフ スクランブラー1200 新型に“初跨り”…オフロード性能を極めた脚の長さ実感

特集

おすすめのニュース