ヤマハ トリシティ125/150、冷却水が漏れるおそれ リコール

ヤマハ発動機は10月30日、三輪スクーター『トリシティ150ABS』など3機種の冷却水ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『トリシティ150ABS』、『トリシティ125』、『トリシティ125ABS』の3機種で2016年10月13日~2018年5月22日に製造された3636台。

ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホースおよびリザーバータンクのブリーザーホースの材料の配合量が不適切なため、ホースの耐久性が不足しているものがある。そのため、ホースが早期に劣化して亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部から冷却水が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホースおよびリザーバータンクのブリーザーホースを対策品に交換する。

不具合は17件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース