チームHRC 成田亮、逆転で12回目のチャンピオン獲得 全日本モトクロス選手権

表彰式の成田亮
  • 表彰式の成田亮
  • CRF450RWと成田亮
  • チャンピオンセレモニー

2018 MFJ全日本モトクロス選手権の最高峰クラス IA1(450cc)で、チームHRCから参戦している成田亮選手が、チャンピオンを獲得した。

10月28日にスポーツランドSUGO(宮城県)にて、MFJ全日本モトクロス選手権第9戦(最終戦)が開催。同大会で成田選手は、ワークスマシン「CRF450RW」を駆り、ヒート1は3位でチェッカーを受け、ランキングトップのチームHRC 山本鯨選手との差を7ポイント差に縮めた。続くヒート2では、山本鯨選手がリタイア。4位でゴールした成田選手が、逆転でIA1クラスチャンピオンを決定した。これにより成田選手は、モトクロス全日本選手権の国際A級で通算12回目のチャンピオンという偉業を達成した。

チャンピオンを獲得した成田選手は「これまで全日本モトクロス選手権において12回しかチャンピオンを獲得していないが、今年が一番厳しかったし、絶対にチャンピオンは獲れないだろうと思っていた。まだまだファンの皆さんに夢や希望を与えられるよう、まずは来年13回目のタイトル獲得を目指し、頑張っていきたいと思う」とコメントした。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集