【F1 メキシコGP】フェルスタッペンが今季2勝目、ハミルトンが5度目のワールドチャンピオン獲得

F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP
  • F1メキシコGP

メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで28日、F1メキシコGPの決勝レースが行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がスタートでトップに立ちそのまま優勝。ルイス・ハミルトン(メルセデス)が4位で5度目のワールドチャンピオンを決めた。

決勝レースのスタートは3番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)が好ダッシュ。ポールポジションのダニエル・リカルド(レッドブル)は順位を落とし、2番グリッドのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とハミルトンによる激しいトップ争いとなった。これをフェルスタッペンが制し、その後はピットストップのタイミングを除いて終始トップをキープ。最終的に2位に17秒もの差をつけて優勝を飾った。

注目のタイトル争いは、ランキング2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は優勝が最低条件、ハミルトンはベッテルが優勝しても7位以上なら自身のチャンピオンが決定する状況だ。スタートで順位をあげられず序盤は4位を走行していたベッテルは、その後コース上でハミルトンを抜き去りトップのフェルスタッペンを追った。しかしその差を詰めることはできず、ベッテルは2位でチェッカー。これでハミルトンの5度目のワールドチャンピオンが決定した。

3位はキミ・ライコネン(フェラーリ)、ハミルトンは4位、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が5位。2位を快走していたリカルドはトラブルでリタイヤとなった。

トロロッソ・ホンダは最後尾スタートのピエール・ガスリーが10位入賞。ブレンドン・ハートレーは14位でレースを終えた。

■F1メキシコGP 決勝結果
1. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3. キミ・ライコネン(フェラーリ)
4. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
6. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7. シャルル・ルクレール(ザウバー)
8. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
9. マーカス・エリクソン(ザウバー)
10. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
11. エステバン・オコン(フォースインディア)
12. ランス・ストロール(ウイリアムズ)
13. セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)
14. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
15. ケビン・マグヌッセン(ハース)
16. ロマン・グロージャン(ハース)
以上完走

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集