ポルシェ マカン 次期型、2020年以降に生産開始へ…軽量構造採用予定

ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型

ポルシェは10月22日、『マカン』(Porsche Macan)の次期モデルを、2020年以降にドイツ・ライプツィヒ工場において生産を開始する計画を発表した。

マカンは2013年秋、ロサンゼルスモーターショー2013において、『カイエン』の下に位置するSUVとして発表。2014年の発売以来、世界累計販売が35万台を超えており、ポルシェの最量販モデルに成長する成功を収めてきた。

2018年10月、パリモーターショー2018では、現行(初代)モデル初の改良新型が発表されたばかり。2020年以降にドイツ・ライプツィヒ工場で生産を開始するのは、マカンの2世代目モデルになる。ライプツィヒ工場では現在、マカンと『パナメーラ』を生産。ポルシェと同じフォルクスワーゲングループ傘下のベントレーの『フライングスパー』、『コンチネンタルGT』、『コンチネンタルGTコンバーチブル』のボディも生産している。

ポルシェは次期マカンの生産準備として、ライプツィヒ工場に投資し、同工場の拡張を予定。新たに柔軟性の高い車体プレス工場を建設する。次期マカンでは初めて、アルミと高強度スチールの複合素材を採用し、軽量化を追求する計画。新たな車体プレス工場は、そのための拠点になる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集