スバル XV、e-BOXER搭載モデルを10月19日より発売 282万9600円

スバルXVアドバンス
  • スバルXVアドバンス
  • スバルXVアドバンス
  • スバルXVアドバンス
  • スバルXVアドバンス
  • スバルXVアドバンス
  • スバル XV アドバンス e-BOXERオーナメント

SUBARU(スバル)は10月11日、クロスオーバーSUV『XV』の改良モデルを発表。「e-BOXER」を搭載した新グレード「アドバンス」を追加し、10月19日より販売を開始する。

e-BOXERは、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた新開発のパワーユニットだ。効率を高めた2リットル直噴エンジンとコンパクトで高性能なモーター、バッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに統合。優れた重量バランスと低重心を実現した。各部の最適化と燃費の向上を追求したリニアトロニックとあわせて、軽快な走りを提供。さらに加速やブレーキの質感にもこだわり、市街地などでの扱いやすさも磨き上げている。

また、内外装にはアドバンス専用の装備として、先進性や特別感のあるブルー内装や、瑞々しく透明感のあるブルーを表現したボディカラー「ラグーンブルー・パール」を新たに採用した。

そのほか、後退時自動ブレーキシステムを標準装備(一部グレードを除く)とし、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)にサイドビューモニター機能を追加。安全性能をより高めている。

価格は213万8400円より。e-BOXER搭載の新グレード アドバンスは282万9600円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集