フロント2輪の3輪バイク「AD1」がEV化、発売へ…2019年は「電動バイク元年」となるか

ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」
  • ADIVAの3輪EV「AD1-E」

前2輪の屋根付き3輪バイクで話題となったADIVA(アディバ)ブランド。その代名詞とも言える『AD1』が、EV(電動バイク)『AD1-E』となって登場した。10月4日から開催された京都スマートシティエキスポで展示された実車を、写真で紹介する。

AD1-Eは、ガソリン仕様のAD1と同じくは軽二輪クラス(125~250cc)に属する。

AD1/AD1-Eは、2輪車の楽しさと手軽さ、そして4輪車の安全性と快適性を兼ね備えたパーソナルユースの3輪バイクだ。簡単に取り外しが可能な開閉式ルーフ、ワイパー付きの大型フロントスクリーン、大型リアボックスは、これまでの2輪の概念をくつがえす意欲的なモデルとなっている。

そしてさらにAD1-Eの特徴は何と言っても、リアホイールに直結した独自のインホイールモーターを採用したことによる、シームレスでトルク感ある走りにある。エンジンを廃しインホイールモーターとしたことで、サイズ、重量、部品点数を最小化することに成功。AD1本来が持つ、前2輪によるコーナリング性能と相まって他にないライディングプレジャーを実現している。

搭載するリチウムイオンバッテリー容量は7kWh。最大130kmの航続が可能で、最高速度は125km/hに達する。家庭用コンセントやSAE J1772での交流充電に加え、CHAdeMOによる急速充電も可能となる。

AD1-Eは、2019年秋に発売予定だ。ADIVAは同じタイミングで、AD1-Eを含む計4台のEVを2019年に発売する計画も明らかにしている。「電動バイク元年」となるか、ADIVAの動きに注目だ。

《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集