【EVS31】電動車両に関する世界最大級のシンポジウム、12年ぶりの日本開催 9月30日開幕

第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会(Webサイト)
  • 第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会(Webサイト)

日本自動車研究所(JARI)は、9月30日から10月3日の4日間、「第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会(EVS31)」を神戸コンベンションセンターにて開催する。

EVSは、電気自動車、ハイブリッド電気自動車、燃料電池自動車など、電動車両関連分野の研究発表や展示を行う世界最大のシンポジウム・展示会。北米、欧州、アジア太平洋の3地域で交互に開催されており、日本で開催されるのは、EVS13(1996年10月、大阪)、EVS22(2006年10月、横浜)に続く3回目、12年ぶりとなる。EVS31ではそのテクニカルセッション(論文発表)を、自動車技術会(JSAE)が主催する国際会議「EVTeC 2018(EV技術国際会議)」と共同開催する。

EVS31では、世界各国の研究者、技術者、企業、政府関係者、電動車両関連団体等が一堂に会し、最新の研究発表や活発な議論を展開。また最新の電動車両や技術等が出展され、電動車両に関する最新情報が日本に集まる。そのほか、EVS31の開催にあわせ、EVの試乗、展示会、親子参加の体験型イベントなど、EVが丸ごと学べる無料イベントも開催する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集