メルセデス初の市販EV『EQC』、デジタルコクピット採用へ

エコカー EV
メルセデスベンツ EQC のデジタルコクピット
  • メルセデスベンツ EQC のデジタルコクピット
メルセデスベンツは8月29日、9月に初公開予定のメルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)にデジタルコクピットを採用すると発表した。

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化した新ブランド。EQブランドの最初の市販車として、9月にスウェーデン・ストックホルムでワールドプレミアされるEVが、SUVのEQC。

メルセデスベンツは今回、EQCにデジタルコクピットを採用すると発表。デジタルコクピットは、新型『Eクラスセダン』から導入が開始された装備。EQCには、2つの高精細ワイドディスプレイを設定。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとした。

このディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素に。インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、ドライバーの視野に直接入るさまざまな情報を表示する大型ディスプレイと、センターコンソール上方のセンターディスプレイで構成されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース