国内最大のGT-Rイベント、富士スピードウェイで開催 9月9日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
パレード走行
  • パレード走行
  • イベント広場ステージ(イメージ)
  • イベント広場
  • 映画「ドライブヘッド トミカハイパーレスキュードライブヘッド 機動救急警察」に登場する「R35 NISSAN GT-R」の実写版、
  • トークショー
  • フリー走行(イメージ)
  • 愛車撮影会(イメージ)
  • 会場となるイベント広場(イメージ)
『GT-R Magazine』(交通タイムス刊)と富士スピードウェイは、国内最大規模の日産『GT-R』イベント、「GT-R Magazine presents R's Meeting 2018」を9月9日に、富士スピードウェイで開催する。

今回は、全国から2000台以上の歴代のGT-Rが集結。レーシングコースでは、富士スピードウェイのオフィシャルカー(R35)が先導するパレードランのほか、数十台のGT-Rが独特のエンジン音を響かせ全開で疾走するフリー走行を行う。

場内イベントでは、特別ゲストの間寛平、テンダラー浜本広晃をはじめ、R32から現行モデルのR35まで歴代の開発責任者などによるトークショーを開催。また、日産自動車の最新ラインアップや、映画『ドライブヘッド トミカハイパーレスキュードライブヘッド 機動救急警察』に登場する「R35 NISSAN GT-R」の実車バージョン、1993年の国際ツーリングカー耐久レース インターTECで優勝を果たした「BPオイル・トランピオGT-R」などを展示する。

そのほか、愛車のメンテナンス、チューニングを支える各パーツメーカーやショップが一堂に会し、ブースを出展する。

入場料は大人1000円、中学生以下は保護者同伴に限り無料、駐車料金は無料。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集