「不二子ちゃんになりたい」ミス・ユニバース千葉の一ツ山里紗さんが今、バイクに乗りたい理由

モーターサイクル エンタメ・イベント
ミス・ユニバース・ジャパン千葉の一ツ山里紗(ひとつやま・りさ)さんは、バイクに乗るため教習所に通っているのだとか
  • ミス・ユニバース・ジャパン千葉の一ツ山里紗(ひとつやま・りさ)さんは、バイクに乗るため教習所に通っているのだとか
  • 一ツ山里紗さんが今一番ほしいというプジョーのスクーター「DJANGO(ジャンゴ)」
  • 一ツ山里紗さんが働くADIVAショールームで扱う3輪バイク「AD-1」
  • 一ツ山里紗さん
  • 一ツ山里紗さん
  • 一ツ山里紗さん
  • 一ツ山里紗さんが今一番ほしいというプジョーのスクーター「DJANGO(ジャンゴ)」
  • 一ツ山里紗さん
「いらっしゃいませ。こんにちは」

東京・赤坂にあるADIVA(アディバ)のショールームを訪れると、明るい笑顔で迎えてくれたのは受付を担当する一ツ山里紗(ひとつやま・りさ)さん。大きな瞳と見事なプロポーションについ目を奪われてしまうが、それもそのはず。なんと彼女はミス・ユニバース・ジャパン千葉なのだ。今は年内に中国でおこなわれるワールドコンテストに向けて準備をしているのだという。

そんな一ツ山さんが今、ハマっているのがバイクだ。といってもまだ免許は持っていない。多忙なスケジュールの合間に教習所に通っているそうだ。「最近はあんまり行けていないんですけど…年内には取りたいと思ってます!」と一ツ山さん。

モデルやTVタレントとして活躍する彼女が今、なぜバイクに惹かれ、免許を取ろうと思ったのか。そこにはもしかしたら「若者のバイク離れ」が叫ばれて久しい二輪市場復活のヒントがあるかも…? なんて野心を抱きながらインタビューを申し込むと、「すっごい緊張します!」とはにかみながらも快く引き受けてくれた。

◆「不二子ちゃんみたいにかっこよくバイクに乗りたい」
一ツ山里紗さんが今一番ほしいというプジョーのスクーター「DJANGO(ジャンゴ)」
----:そもそもバイクに興味を持ったきっかけは?

一ツ山さん:モデル活動の恩師に、モーターサイクルショーでのお仕事を紹介して頂いたのが一番最初のきっかけです。アディバさんのブースを担当させてもらったんですけど、その時に「バイクってかっこいいな」って初めて意識して。免許があったらな、と思ったんですけどその時はまだそれだけだったんです。

----:では、それまでは全くバイクに触れることはなかったんですね。

一ツ山さん:そうですね…でも昔から「不二子ちゃん」に憧れていたので、不二子ちゃんみたいにカッコよくバイクに乗れたらな、という夢みたいなものはありました。

----:それがまた、どうして急に免許を取ろうと思い立ったんですか?

一ツ山さん:モーターサイクルショーでのお仕事のご縁で、アディバさんのショールームで働かせて頂くことになったのが大きいですね。毎日色々なバイクを見たり触ったりして、お客さまともお話したりするんですけど、もっとお客さまにバイクの魅力を私なりに伝えたいと思いまして。運転できるようになれば、もっと色々なお話ができると思ったんです。

----:なるほど、仕事熱心ですね。今、教習の段階は?

一ツ山さん:普通二輪なので17時間あるんですけど、まだ半分くらい。5月から通い始めて、1か月くらいは積極的に通っていたんですが、最近はオーディションがあったり、あとは暑いですし…(笑)あんまり行けていないんです。でも、年内には取りたいと思ってます!

----:教習は大変ですか?

一ツ山さん:大変!倒れたバイクを起こす教習があるんですけど、力を入れすぎて腕にアザができちゃいました(笑)暑い時もヘルメットをかぶって、長袖も着るので汗もかきますし。でも楽しいですよ。

----:免許を取ったら乗りたいバイクはありますか?やっぱり不二子ちゃん的な…

一ツ山さん:不二子ちゃんみたいに大きいバイクに乗れたらカッコいいですよね!ヘルメットを取ったら長い髪の毛が「ファサッ」みたいな(笑)けど最初はやっぱり不安なので小さいバイクが良いかなって。まだ迷ってますけど…今はプジョーのスクーターが欲しいですね。デザインがすごく可愛いんですよ。

----:いつかは大きいバイクにも?

一ツ山さん:はい!乗ってみたいですね。まずはお金を貯めないと…500円玉貯金します(笑)

----:バイクを持ったらやってみたいこと、行ってみたい所はありますか?

一ツ山さん:あるんですよ!私、海が好きなので「西湘バイパス」を自分の運転で走りたい。絶対、気持ちいいですよね。

◆“自然体”で静岡から世界へ
「ミス・ツーリズム・クイーン・オブ・ザ・イヤー・インターナショナル2018」に挑む一ツ山里紗さん(ステージ左)
インタビューを終えると撮影にも協力してくれた一ツ山さん。普段働いているオフィスでの撮影にちょっと照れもあったが、モデルらしく、カメラを向けると次々とポーズを決めてくれる。だけど表情も仕草もあくまで自然体。それが彼女の魅力のように感じた。撮る側も神輿が乗ってしまいついつい大量にシャッターを切ってしまった。その全貌はスライドショーで確認いただきたい。

一ツ山さんは今、日本代表として出場が決まっている国際的なミスコン「ミス・ツーリズム・クイーン・オブ・ザ・イヤー・インターナショナル2018」(11月・中国で開催)に向け準備中なのだとか。「日本の魅力をしっかりと伝えてきます!」と意気込みを語る一ツ山さんは静岡県出身。「静岡には日本一の富士山があります。日本を代表するお茶もあります。富士生まれとして、静岡の良さも世界に発信していきたいですね」と、とびきりの笑顔を見せてくれた。

国際的ミスコン出身の「リアル不二子ちゃん」がバイクに乗って、その魅力を発信したら…それでバイクがバカ売れ!とはいかないだろうが、市場にちょっと明かりが差し込むかもしれない。まずは、彼女の免許取得とコンテストでの活躍を応援しよう。

一ツ山里紗(ひとつやま・りさ)さんプロフィール
1994年7月30日生まれ
身長:165cm
B:82cm/W:58cm/H:83cm
趣味:旅行、運動すること
特技:陸上競技(ハードル)、日本酒ナビゲート

【コンテスト】
・2018ミス・ユニバース・ジャパン ミス千葉
・ミス・ツーリズム・クイーン・オブ・ザ・イヤー・インターナショナル2018 日本代表
など

【TV】
・SBS TV ふじの国 広報広聴課 ナビゲータ
・全国高校野球静岡大会 TOKAIテレビリポーター
・日本パラオ共和国国際親善大使イメージガール
など
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集