ポルシェ、ケイマンGT4 のラリーコンセプト発表…WRCにスポット参戦へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト
  • ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト
  • ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト
  • ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト
  • ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト
  • ポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト
ポルシェ(Porsche)は8月8日、『ケイマンGT4クラブスポーツ・ラリーコンセプト』を発表した。

同車は、「ケイマンGT4」のレーシングカー、「ケイマンGT4クラブスポーツ」をベースに、ドイツ・バイザッハのポルシェモータースポーツが開発したラリー仕様車。

ベース車両のケイマンGT4クラブスポーツは、3.8リットル水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンを、改良新型以前の『911カレラS』から移植。最大出力は385hpを発生する。トランスミッションは、レーシング仕様の6速PDKに変更され、パドルシフトを組み込む。リアアクスルには、機械式のディファレンシャルロックを採用。

フロントの軽量なストラットサスペンションは、『911GT3カップ』から流用。ブレーキローターは直径380mmと大径で、ブレーキパッドはスチール製。ロールケージやバケットシート、6点式シートベルトを装備。車両重量は1300kgに抑えられた。

ポルシェは、ケイマンGT4クラブスポーツラリーコンセプトの詳細を明らかにしていないが、フロントには大型の4連補助ライト、ルーフにはエアダクトを追加。足元にはラリー用タイヤと軽量ホイールを組み合わせた。

なおポルシェは、ケイマンGT4クラブスポーツラリーコンセプトで、8月16日に開幕するWRC(世界ラリー選手権)の一戦、ラリー・ドイツにスポット参戦する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 『GRスーパースポーツコンセプト』市販に向けた開発に着手…ルマン24時間で発表 画像 『GRスーパースポーツコンセプト』市販に向けた開発に着手…ルマン24時間で発表
  • フェラーリ 488ピスタ にWECタイトル記念車、フェラーリのモータースポーツ参加者のみが購入可 画像 フェラーリ 488ピスタ にWECタイトル記念車、フェラーリのモータースポーツ参加者のみが購入可
  • 【SUPER GT】2019年に日独で初実施めざすDTMとの“ジョイントイベント”、国内はシリーズ最終戦の後に開催へ 画像 【SUPER GT】2019年に日独で初実施めざすDTMとの“ジョイントイベント”、国内はシリーズ最終戦の後に開催へ
  • 【SUPER GT 第5戦】レクサス勢の名門TOM'SがGT500クラスを1-2で制す…ホンダが3-5位、日産勢は苦闘と無念の展開 画像 【SUPER GT 第5戦】レクサス勢の名門TOM'SがGT500クラスを1-2で制す…ホンダが3-5位、日産勢は苦闘と無念の展開

特集