「ワークス参戦で強いホンダを見せる」桑田哲宏HRC取締役レース運営室室長…鈴鹿8耐

ホンダワークスチームが鈴鹿8耐に挑むのは10年ぶり。桑田哲宏HRC取締役レース運営室室長は「Team HRCを見せたい」と意気込む。HRC=株式会社ホンダ・レーシングだ。ワークスチームとして参戦するのはRed Bull Honda with 日本郵便、ゼッケン#33。

モーターサイクル エンタメ・イベント
Red Bull Honda with 日本郵便
  • Red Bull Honda with 日本郵便
  • Red Bull Honda with 日本郵便
  • 高橋巧選手(7月10~12日 合同テスト)
  • Red Bull Honda with 日本郵便(7月5日-6日 4メーカー合同テスト、タイヤメーカーテスト)
ホンダワークスチームが鈴鹿8耐に挑むのは10年ぶり。桑田哲宏HRC取締役レース運営室室長は「Team HRCを見せたい」と意気込む。HRC=株式会社ホンダ・レーシングだ。ワークスチームとして参戦するのはRed Bull Honda with 日本郵便、ゼッケン#33。

22日の「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティングに、チームの宇川徹監督に代わって登壇した桑田取締役は、「強いチームが作れたと思う」と語る。

高橋巧選手「絶対優勝するためにワークスが復活した。一番高いところをめざして今まで乗って来た。優勝したいという気持ちしかない。鈴鹿8耐は自分が出られるレースで一番大きいレースなので結果を出したい」

中上貴晶選手「去年の結果では鈴鹿8耐を去れないと思っていたので、また挑戦できるのはうれしい。鈴鹿8耐はMotoGPよりもメンタル、フィジカル、さらにチーム力が重要。難しいレースだ」

Red Bull Honda with 日本郵便チームは当初、高橋、中上に加え、レオン・キャミア選手がエントリーしていたが、7月5日のテストで負傷、代わってMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaからエントリーしていたパトリック・ジェイコブセン選手が起用された。

「連絡をもらってこれ以上ない光栄を感じた。鈴鹿8耐は世界でベストレースのひとつ。タフでハードで、チームへの貢献が求められる。レース人生で最高の走りをしたい」

マシンの開発がうまくいっていない、という報道もあるが「ライダーがよりよりものを求めて全然満足しないからだ」と、桑田取締役は笑う。

桑田取締役「勝つためにレースをする。ホンダとレースは切っても切れない。ホンダはレースに育ててもらっている会社だ。つまりレースファンに育ててもらっている。これは初めてマン島レースに参加した頃からから変わっていない。強いホンダ、チャレンジするホンダを見てほしい。共感して、モータースポーツに興味をもってほしい。全社あげて鈴鹿8耐に臨み、今後も参戦を続ける」

※22日の「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティングと同日イベント後の記者会見から再構成。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集